エステティシャンになるのに年齢は関係ない?第一歩を踏み出す鍵とは

女性は、いくつになってもきれいになりたいと思う気持ちは変わらないものです。なかには、美容好きが高じて、きれいを職業にするエステティシャンになりたいと思い立つ方もいるでしょう。

しかし、「もう年だから」と年齢を理由にあきらめてしまう方も多いかもしれません。今回は、年齢を重ねてからエステティシャンを目指したいという方に向けて、気になる年齢制限や仕事をするに当たっての心構えについてお伝えします。

エステティシャンを始めるのに年齢制限はあるの?

1807-4B_33000004501.jpg

エステティシャンの仕事は未経験からでもスタートできることもあり、比較的若い世代が集まりやすい傾向にあります。多くの支店がある大手エステティックサロンの求人では、美容系の専門学校を卒業した方を対象に、20代前半くらいから35歳くらいまでといった年齢制限がかけられているところも多いようです。

しかし、これはあくまでも一例であり、すべてのサロンでスタッフの年齢制限があるわけではなく、40代や50代からでもエステティシャンになるのは可能です。さまざまなお客様を相手にするエステ業界では、これまでの人生経験が生かせることも多いでしょう。人物重視で採用をしているサロンもあるため、美容が好きなことや、人柄をアピールできれば、何歳からでもエステティシャンキャリアをスタートすることは夢ではありません。

エステティシャンになるのに一番大切なのはやる気

ただし、エステティシャンには専門的な知識や技術が不可欠であるため、基本的なことはもちろん、新しい美容情報や流行などを常に学ぶことが必要です。

つまり、エステティシャンを目指すのであれば、仕事に対するモチベーションを高く持ち続けることがとても大切になります。お客様に施術をするために体力をつけたり、ボディやフェイシャルの技術を学んだり、最新の美容情報を勉強したりと、やるべきことはたくさんあります。

しかし、エステティシャンとして働きたいという高いモチベーションがあれば、学ぶ時間も楽しみながら乗り切っていけるでしょう。

これまでの人生経験がエステティシャン業務に役立つ

1807-4C_10622001676.jpg

エステティシャンに必要なスキルのひとつに、コミュニケーション能力があります。例えば、これまで接客業に携わった経験があれば、サロン勤務でも大きく役立ちます。年齢を重ねたからこそ気付くお客様の悩みや不安に対して、自分の経験をもとにアドバイスすることもできるでしょう。

国内全体の高齢化に伴い、サロンに来店される女性の平均年齢も徐々に高まりつつあります。美容に興味を持つ女性は、年齢による肌の衰えやボディラインの乱れなどを気にする方が大半です。いつまでも若々しい肌を保ちたいという気持ちに共感できるのは、まさに年齢を重ねたエステティシャンならではのこと。

また、年齢層の高いお客様を担当するエステティシャンが同年代であれば、ちょっとした雑談でもジェネレーションギャップを感じることが少なくなります。そのほか、お客様が感じている加齢による悩みを理解して受け止められるのも大きな強みです。年齢をマイナスにとらえるのではなく、人生経験を生かして活躍できる場所となるよう、自分ならではのスキルを意識して磨いていきましょう。

エステティシャンはやりたいと思ったときが始めどき

お客様の「いつまでもきれいで輝いていたい」という気持ちをサポートするのがエステティシャンの仕事です。エステを受けるシニア世代も増加し、50代、60代、70代になっても、おしゃれをしたり、メイクを楽しんだりしながら、充実した人生を目指す方も多いことでしょう。これからはエステ業界においても、シニアからの需要がますます増えてくることが予想されます。

エステティシャンになりたいのであれば、年齢であきらめるのではなく、エステティシャンの資格取得を目指したり、需要のある職場を探したりすることから始めてみましょう。やりたい気持ちを実際の行動に変えることが、憧れのエステティシャンへの一歩を踏み出す鍵になるでしょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステティシャンとして何歳まで働けるの?年齢制限と将来性について
・ダブルワークもOK?仕事をしながらエステティシャンを目指そう!
・美のスペシャリスト、エステティシャンへ転職!エステ業界に転職する際のポイント

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事