店長とは違う?将来のために把握したいエステサロン副店長の役割

エステティシャンはお客様への施術や営業が仕事ですが、サロン内には、ほかにも経理や人材管理などの役割を持ったスタッフが配置されています。経営責任者であるオーナーをはじめ、サロン内の業務全般に関わる店長や、店長を支える副店長、エステティシャンを取りまとめるチーフなど、それぞれの立場によって、その役割や求められるスキルが異なります。

エステティシャンとしてのキャリアアップを考えるうえで、管理職を目指したいという方もいるでしょう。今回は、管理職のなかでも副店長に焦点を当て、その仕事内容と業務を上手に進めるコツをお伝えしましょう。

エステサロン副店長の仕事内容

1803-4C_11038022519.jpg

経理などの管理業務のためのデスクワークが多い店長に比べて、副店長は積極的に店頭に立ち、サロンの売上実績をつくるのが大きな役割とされている店舗が多いようです。そのため、自分自身の売上だけではなく、スタッフ全員の売上を考える必要があります。では具体的に、一般的な副店長の仕事内容を見てみましょう。

・店長業務のフォローや不在時の店長代理
副店長はサロン運営に関わる店長をサポートする立場。店長の業務全般をフォローするほか、店長不在時には代理業務を行います。

・スタッフの人材マネジメント
常にサロン内で業務を行う副店長は、現場に近い位置でスタッフを指導することも大切な役割です。副店長はスタッフ全員と関わる機会が多く、いかに信頼される副店長になるかでサロンの雰囲気も変わります。

・サロン全体のコミュニケーション管理
副店長は、店長とエステティシャンの懸け橋となる存在であり、店長とスタッフの間に入ってコミュニケーションを円滑にするためのサポート業務を担当します。店長が手を離せないときは副店長がフォローをするというように、スタッフにとってストレスなく働けるサロン環境をつくらなければいけません。

店長代理時の業務内容

店長代理を務めるときには、エステサロンにおけるマネジメント全体の業務を担当することになります。サロン全体の売上管理のほか人材育成、スタッフの管理など多岐にわたります。

店舗の規模によっては、他店とのコミュニケーションのほか、イベント実施などの業務もあるでしょう。店長の不在期間が短期ならば、主に店頭に出てサロンの代表としての役割をはたしますが、長期不在の場合には、売上や在庫管理、予算編成などといったデスクワークも行うことになります。

スタッフの自主性を高めるコミュニケーションスキル

副店長が担当する業務においては、その多くにコミュニケーション力が必要とされます。サロンスタッフの間に入って業務を円滑に進めるためにも、スタッフ一人ひとりの自主性を育てるコミュニケーションスキルが特に重要になるでしょう。

また、スタッフのモチベーションを維持させるための対応も求められます。スタッフの意見に積極的にフィードバックし、可能なかぎり取り入れることで、スタッフを評価し、やりがいを持たせるといった取り組みの主体となるのが副店長です。サロン内での情報共有を進め、意見交換できる環境を整えられるよう心がけるとよいでしょう。

他にも、動きやすい環境を整えるための長期的な育成にも関わります。現在の成果だけを評価するのではなく、将来性や長所を見抜き、サロンのチームワークづくりに役立てるといったアイデアを出していきましょう。

副店長に求められるスキルと素養

1803-4B_10367008080.jpg

副店長に求められる人物像は、応用力が高く、業務を着実にこなせるタイプ。

応用力を養うためには、まずエステサロンの業務を熟知する必要があります。キャリアアップを考えるのであれば、エステティシャン時代から業務に対して真摯に取り組み、多くの経験を積んでおきましょう。

同様に、コミュニケーション能力やリーダーシップなどのスキルがあれば理想的です。なかでも、コミュニケーション能力は副店長として働くうえで、不可欠なものです。エステティシャンになる前に、接客や営業などの経験があれば、将来的に生かせるのではないでしょうか。

また、副店長は店長へのステップとして用意される役職であり、ゆくゆくは店長としてデスクワーク業務を行う可能性もあります。副店長、店長とキャリアプランのなかで管理職業務を行っていきたいのであれば、サロンの経理やマーケティング、労務管理などを勉強しておくと役立ちます。そうしたさまざまな努力は、将来、自サロンの開業を考える人にとっても、大きな強みとなるでしょう。

副店長はエステサロン内のサポートをする存在

店長をサポートしながら、サロンスタッフが仕事をしやすい環境をつくるのが副店長の役割。サロン運営の基礎を支えるポジションであり、スタッフと店長の両方に深く関わる大切な仕事です。管理職を目指すのであれば、日ごろからスムーズに業務を進めながら、将来的なキャリアアップをみすえて、スタッフ全員と積極的にコミュニケーションを深めていきましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・独立開業?エステサロン勤務?自分に合った働き方の選択
・エステサロンオーナーになるためには?独立するためのキャリアプランを考えてみよう
・資格取得で、キャリアアップ!エステティシャンのスキルを高める資格

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事