エステサロンの内装を魅力的に見せる照明テクニック

エステサロンは、施術以外にも美しさや心地よさを感じていただきたい場所。その快適な空間演出に欠かせないもののひとつに「照明」があります。

自然光を生かすことができればよいのですが、イメージ通りの演出をするには、日当たりや電源に制限があるかもしれません。スペースごとに適した照明選びや使い方を考えながら、理想のサロン空間をつくり上げてみませんか?

照明の特徴を知り統一感のある演出と施術環境を両立しよう

1704-7B_18315058.jpg

サロンのイメージづくりを徹底するなら、照明に気を配ることも忘れてはいけません。照明には、部屋全体を照らす全般照明と、手元やコーナーを照らす部分照明があり、それぞれの組み合わせ方や位置により空間演出に変化をもたらします。まずは、照明の種類を知って、サロンに合うタイプを考えてみましょう。

全般照明の種類

代表的な全般照明には以下のようなものがあります。

・ペンダントライト
天井からつるし、その真下を一番明るく、周囲を柔らかく照らすもの。

・ダウンライト
天井に埋め込まれた小さな光源。いくつかを使用して全般を照らす。廊下や玄関などに適したもの。

・シーリングライト
一般的な照明。天井に直付けし、部屋全体をまんべんなく照らす。

部分照明の種類

全般照明と組み合わせて使いたいのが部分照明です。全般照明と比べ手軽に活用でき、印象を大きく変化させてくれます。

・スタンドライト
床や家具の上に置いて使う可動性の照明器具。サイズが豊富。

・スポットライト
天井や壁に設置するタイプのほか、レールタイプやクリップタイプなど。特定の場所や物を効果的に照らす。

・フットライト
足元灯。暗い室内歩行時の安全のため、ベッド周りや階段、廊下などに設置する。

全般照明と部分照明を組み合わせた演出を

全般照明に加え、部分照明を使用すると、柔らかい雰囲気や空間の広がりを表現できるなど、与える印象が変わります。

例えば、天井面を強調すると上方への広がりを感じさせ、天井が高くなったような伸びやかな演出効果が期待できます。また、天井と壁面を同時に強調すると部屋を広く見せ、くつろいだ雰囲気になることでしょう。柔らかい印象を求めるなら、全体をまんべんなく照らして影をつくらない工夫を取り入れてみましょう。

サロンのイメージを統一するなら、照明に使われる電球の種類にもこだわるとよいでしょう。赤みを帯びた白熱ランプは落ち着きやくつろぎ、温かみを演出するとされています。蛍光ランプやLEDであっても、電球色のものを選ぶとよいでしょう。施術時に明かりを調節したいなら、調光可能なタイプが便利です。

「エステティックの衛生基準」(公益財団法人日本エステティック研究財団)によると、施術の照度は300ルクス以上であることが望ましいとされています。300ルクスとは、日の出・日の入りくらいの明るさです。お客様にくつろいでいただくだけでなく、プロとして肌の観察ができる明るさを確保し、しっかりと肌の変化を捉えておきたいものです。

また、照明器具はインテリアでもあり、サロンの雰囲気をかたちづくるパーツのひとつでもあります。明かりの演出とともに、統一感のあるインテリアや内装選びも意識したいところ。お客様目線を考えた統一感のある内装のポイントもしっかり押さえておきましょう。詳しくはこちら→
自宅でエステサロンを開業したい!覚えておきたい内装のポイント

照明機能とカーテンの使い分けでサロンの光を演出

1802-5B_31874155.jpg

サロンの内装は一度で完成するものではありません。同じインテリアでも、レイアウトによって印象が変わるように、照明器具も使い方で印象が変わります。

例えば、カウンセリングから施術までを同じ部屋で行う場合、状況に合わせて照明を使い分ける工夫をしたいところです。調光できるタイプ、あるいは、ひとつの器具で電球色と昼白色を使い分けられるものを選んでもよいですね。

マンションサロンでは、十分な電源が確保できない場合もあります。そんなときは、レール型の照明器具にすれば、電源ひとつで、照明の数や位置、向きに変化をつけられます。電源を必要としない電池式のLED照明を取り入れるのもよいでしょう。

コスト面で考えるなら、省エネで使いやすいLEDタイプを選びましょう。発熱量が少ないため、熱くならず、電球が小型でランニングコストがかからないのが特徴です。白熱灯の寿命を1,000~2,000時間とすると、蛍光灯は6,000~12,000時間、LEDは40,000~50,000時間といわれています。限られた電源数や光源の種類から、サロンにぴったりの照明を選びたいですね。

続けて、人工的な光だけでなく、自然光についても考えてみましょう。サロンの環境によっても異なりますが、自然光が入る部屋の場合、照明の効果が薄れることがあります。自然光は肌の色を美しく見せ、清潔な印象を与えてくれますが、サロンの雰囲気に合わなければ、光の入り具合を調整する「調光・遮光」についても考えなければいけません。

その際に活用したいのがカーテンです。室内に取り入れる自然光を調整するだけでなく、外や別室からの明かり漏れを防ぐことで、雰囲気が保てます。さらには、カーテンには視線を集める「視線調節」の役割もあり、着替えや施術の際に外からの目隠しとなるほか、カーテンの色やデザインに注目させることで、見てほしくない部分から視点をそらすといった視覚コントロールにも役立ちます。

照明による空間演出をより効果的に見せるのであれば、内装やカーテンと組み合わせて考えるのもよいでしょう。一般的なカーテンやレースカーテンの組み合わせだけでなく、板の向きで光を調整できるブラインドや、和室向けのすだれなどを利用して、雰囲気づくりに活用してみましょう。カーテンの上手な活用法について、詳しくはこちら→
自宅サロンを効率よく使いたい!カーテンを使った間仕切り演出を試してみよう

場所別の特徴と照明の工夫で自宅をサロンらしく

1704-7C_17840537.jpg

エステサロンの印象を決めるのは、施術室だけではありません。とりわけ自宅サロンには、非日常を演出するための工夫やテクニックが求められます。生活感を見せないためにはどうすればよいでしょうか。具体的な場所別の特徴や照明の工夫について考えてみましょう。

玄関・廊下の照明

お客様がサロンに入ったときに、まず目に入るのが玄関や廊下。窓がないと昼でも暗くなりがちなので、照明をプラスして雰囲気をつくってみましょう。下駄箱の上にはスタンドを、上り口の床から廊下にはフットライトを置けば、明るい空間を演出できます。季節に合わせ、植物や竹、ガラスなどの素材を使った照明スタンドやカバーを利用するのもおすすめです。

施術室の照明

施術室はカウンセリング、着替え、施術などさまざまな状況に対応できるよう、全般照明のほかに高さや特徴の異なる照明器具を複数用意するとよいでしょう。調光機能のあるものを選べば、置き場所を変えながら空間演出に変化をつけられます。

スペースごとの照明もありますが、「もとは書斎だった」「事務所を改装した」などの理由で、天井の蛍光管がむき出しになっており、リフォームできない場合があるかもしれません。内装コストをかけなくても、蛍光管を外したり、薄い布や和紙で照明をカバーしたりすることで見た目を大きく変えることができます。

ちょっと物足りないスペースにこそ、照明で印象を変える工夫を取り入れてみましょう。

和室の照明

1802-5C_10531002333.jpg

和室をサロンらしくするには、自然素材や伝統などのテイストを生かした内装がおすすめです。照明器具には竹や和紙といったオリエンタルな素材を取り入れることで、トラディショナル、ナチュラル、アジアンなど、さまざまなアレンジが可能です。障子部分に濃い色のすだれや和紙のスクリーンといった素材を組み合わせると、モダンな雰囲気がつくれます。和室をサロンとして利用する場合の演出法として、こちらの記事がおすすめです→
自宅サロンの雰囲気づくり。和室をエステサロンらしい空間に演出するには

最適な照明でサロンを魅力的に演出しよう

1704-7A_1130544.jpg

エステサロンの照明には、温かみのある空間を演出し、肌を健康的に美しく見せてくれるものを選びたいもの。空間演出だけでなく、肌チェックやメイクなどに適した明るさの確保も忘れずに意識したいですね。照明器具の機能や特徴を知り、サロンコンセプトに合った照明を取り入れましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
エステサロンの商品を魅力的に見せるディスプレイ&POPの作り方!
エステサロンで流す音楽はどんなものがよい?
エステサロンにぴったり!お客様が心からリラックスできるインテリア小物の選び方

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事