失敗しない!エステスクールを選ぶ3つのポイント

エステティシャンになるために、まずはスクールに通いたいと考える方が多いと思います。とはいえ、多くのエステスクールがあり、どの学校を選べばいいか悩むところです。貴重な時間と費用をかけるからには、自分に合ったスクールを選びたいですよね。どこに通えばよいかお悩みの方のために、エステスクールの選び方として3つのポイントをご紹介しましょう。

その1.エステスクールに通う目的を明確にする

1612-04A_28174007548.jpgまずは、エステスクールに通う目的をはっきりさせることが大切です。
エステティシャンになるといってもエステのメニューは多岐にわたります。例えば、ボディトリートメントには、スウェディッシュやリンパドレナージュなどがあります。また、フェイシャルには美白や保湿、デコルテケアなどがあり、1つのメニューに特化したスクールもあれば、総合的な技術を身に付けられるところもあります。どのような目的でどんな技術を身に付けたいのかを明確にすることで、スクールの候補もわかりやすくなるはずです。
資格取得を目指すなら、協会認定の養成校から探す必要があります。分野やレベルは認定団体や資格内容により異なるため、事前に内容を調べておきましょう。
また、就職したいサロンがすでに決まっているなら、就職の実績があるスクールを選ぶのもひとつの手です。直営サロンを持つスクールであれば、系列のサロンに就職できる可能性も高まります。働きたいサロンが具体的にあるのであれば、スクール修了後の主な就職先や独立開業の成果といった卒業生の進路もチェックしておきましょう。

スクールによって得意とする技術や講師の経歴もさまざまです。目的に合ったカリキュラムが学べるかどうかを確認しておきたいですね。

その2.生活スタイルに合った通い方で

1612-4_自分に合った学校はどこ_失敗しないエステスクールの選び方.jpgスクールの候補が挙がったら、生活スタイルに合った通い方ができるかどうかを確認してみましょう。
どんなに目的に合ったスクールでも、遠すぎたり、時間が合わなかったりするようでは通学も難しいもの。

受講スタイルはスクールによってさまざまあり、専門学校として平日の日中に通うスタイルだけでなく、夜学中心のところや、通信制で知識を身に付けながら土日に実技を学べるところもあります。スケジュールが決まっているスクールがほとんどですが、なかには、自由な時間設定ができるフレックス制のところもあります。また、マンツーマン指導やグループレッスン、補講や再受講制度の有無など、細かい条件が異なるため、通いやすいスタイルを見つけてみましょう。
あとは、自宅からの通学にかかる時間や費用を考えたうえで、通いやすい場所を選ぶこと。スクールの雰囲気を知るためにも、できる限り見学会や体験授業に参加すると良いでしょう。テキストや講師との相性など、自分に合ったスクールかどうか確認できますよ。

その3.就職までのサポートが充実しているか

就職までのサポート体制もスクール選びの大切なポイントです。

技術を身に付けた後、就職サポートとして模擬面接を行ったり、履歴書の書き方について指導したりするところや、将来独立したときのために、開業サポートやサロン経営者向けの定例会を設けているスクールもあります。
直営店を持つスクールであれば、実際の店舗でサロンワークを実習できることで就職活動にも自信がつきます。直営店や系列のサロンに対して就職を斡旋してもらえることも多いため、就職に不安がある方には一番のメリットといえるかもしれません。

そのほか、スクールによっては卒業後もブラッシュアップ研修などのイベントを開催するところもあり、その後の技術の向上にも役立つことでしょう。卒業後も仲間と会える時間が増えると、お互いのモチベーションも上がるのではないでしょうか。

スクール選びは自分を知ることから

スクールに通う目的や優先したい生活スタイルは、あなた自身が答えを持っています。まずは、自分自身をしっかりと見つめ直し、どんな技術を身に付けて、どんなエステティシャンになりたいのか、どんな生活スタイルを目指すのか、しっかり考えてから自分に合うエステスクールを選びたいですね。

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事