イメージだけでは失敗する?本当にエステティシャンに向いている人の特徴とは

技術だけでなく、接客スキルも必要なエステティシャン。美容の仕事に憧れはあるものの、エステティシャンに求められる条件を考えると、敷居の高さを感じてしまうことがあるかもしれません。
しかし、こうした不安感が生じてしまうのは、漠然としたイメージだけがひとり歩きしているからかもしれません。エステティシャンを目指すにあたり、本当に必要なスキルについて考えてみましょう。

エステティシャンに必要なのは「美容への強い興味」

1611-02_10144000712.jpg

エステティシャンになるためには、まず美容に強い興味を持っていることが大切な条件です。エステティシャンを目指す人の多くは、すでに兼ねそなえている方が多いのではないでしょうか? 実際に施術を行うためには練習が必要ですが、これは経験によってさらに磨かれるもの。皮膚科学や体の仕組みといった専門的な知識は、スクールに通ったり、サロンで実習を積みながら身につけていくことができます。難しそうに感じられる専門的な内容も、美容との関連を知ることで、楽しみを感じながら学べますよ。

加えてエステティシャンとして必要なのが「お客様のために」という気持ちです。自分だけの美容法とは違い、お客様に施術を行うからには、結果を出して喜んでいただくことが前提となります。相手の気持ちを想像し、どんな接客が求められるのか、自分だったらどんな風に対応してほしいのかを考えることができれば、接客方法もより質の高いものになるのではないでしょうか。

実際のところ、お客様とのコミュニケーション方法に正解はありません。お客様に喜んでほしい、お客様のきれいのために精一杯取り組みたい、という気持ちが何より大切なのかもしれません。どんなにベテランのエステティシャンであっても、ひとりひとりのお客様を対応しながら経験を積み、スキルアップをしてきた人ばかり。お客様とともに成長していくような意識で取り組めば、きっと良いエステティシャンとして信頼されることでしょう。

日々の健康管理がエステティシャンを続けるポイント

もうひとつ、エステティシャンの仕事で欠かせないのが体力です。華やかなイメージがありますがエステティシャンは体力仕事であり、長時間立ったままで施術をする場合もあります。とくにボディマッサージは力を必要としますので、疲れをためないように健康を考えた毎日の体調管理が大切です。
同時に、疲れを見せない表情や行動、振る舞い方も必要でしょう。エステティシャンは、表情を観察されているものだと自覚し、疲れた顔を見せないようにお客様に明るく接するポジティブさを持ちましょう。

体力づくりをして健康な体で仕事に臨もう

疲れた姿を見せないように意識するとしても、忙しくなるとなかなかうまくいかないこともあるでしょう。疲れを隠すだけではなく、できることなら疲れないような体づくりを行いたいところ。どんなに美意識が高く努力家でも、毎日の疲労で体調を崩してしまうようではエステティシャンとして仕事を継続できません。働く前から体力づくり行い、スタミナを付け、疲れにくい体を手に入れましょう。手軽にできるのが、ウォーキングです。普段から運動不足を感じる人は、一日20~30分程度歩く習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?
立ち仕事の対策として、腰回りのインナーマッスルを鍛えることもおすすめです。腰痛予防になるだけでなく、スタイルキープにも役立ちます。
もちろんエステティシャンとしての技術向上も忘れてはいけません。美容業界は次から次へと新しく情報が更新されるため、常にトレンドをチェックして取り入れられる柔軟性も持ち合わせること。健康管理ができ、さらに自分で新しい技術をすすんで試すような人であれば、エステティシャンの仕事は天職といえるかもしれません。

エステティシャンはお客様と一緒に成長していく仕事

エステティシャンに向いているのは、向上心を持ちお客様のために努力できる人。目的意識を持って取り組めば、経験とともに少しずつ技術を自分のものにできることでしょう。予期せぬ出来事にも、経験を積むことで対処するために必要なスキルや体力が身に付きます。仕事を続けながら、成長する意識を持っておくといいですね。せっかくエステティシャンを目指すのであれば、お客様に愛されるスペシャリストを目指してがんばりましょう!

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事