エステティシャンの仕事で得られるスキルとは?

女性らしく美意識を生かすことができる仕事として人気のエステティシャン。技術さえあれば、ブランクがあっても長く働き続けることができる職業でもあります。スクールに通う余裕のない人や、未経験や無資格の人でもやる気があれば挑戦できるため、初心者からのスタートも可能です。では実際に、エステティシャンを仕事とすることで、どのようなスキルが得られるのでしょうか? 具体的な内容をお伝えしましょう。

エステティシャンのメインのお仕事・エステ技術

エステティシャンは、自身の手や専用マシンを使いながら、お客様の肌や心を美しく整えるのが主な業務です。

エステサロンの主な施術メニューには、「ボディ」「フェイシャル」「脱毛」があり、髪の毛を除いた全身美容を行います。

ボディエステには、スキンケア系・痩身(そうしん)系・リラクゼーション系があり、手技やマシンを用いた身体トリートメントが中心です。フェイシャルエステは、美白や美肌を目的とした皮膚のマッサージ、パックなどが主流で、化粧品を使った一連のトリートメントによってデコルテまでを整えます。ワックスや美容ライトを使った脱毛を取り扱うサロンもあり、オプションとしてネイルやメイクなどができる美容師が常駐しているところもあります。サロンによってメニューは多岐にわたるため、初心者が仕事を始めるには、資格が必要なもの以外は、経験によってさまざまな技術を学ぶことになります。

エステ技術は専門学校やスクール、講習会でも学ぶことはできますが、実践に勝るものはありません。エステティシャンは、日々現場で学び、経験を積み、技術を高めていくことで、キャリアを築いていくのです。

エステティシャンの仕事を裏付ける知識

エステティシャンには、ひとつの技術にたけている人もいれば、オールマイティーに多くの種類の施術ができる人もいます。どちらにしても、経験とともに身に付けたいのが、専門的な知識です。技術面については、経験を増やすことで実力が高まりますが、知識については資料や書籍、スクールを利用して学ぶ必要があります。

皮膚科学や解剖生理学などの専門知識とともに、使用する化粧品の効果につながる仕組みや、お客様が抱える病気に対する理解など、多くの知識を求められる職業でもあります。知識の修得は自分で行うものですが、お客様を通じて教えていただくこともあれば、先輩スタッフから学んだり、セミナーを受講したりと、積極的な学びの姿勢で、培われていくものだといえるでしょう。

業務のなかで身に付けていくサロンワーク・スキル

エステサロンで働く際に、同時に学べるのがサロンワークのスキルです。知識や技術は独学でも学べますが、実際にサロン経営に関わるような業務は、働いてみて初めてわかることがほとんどでしょう。

サロンワークとは「予約管理」「売上管理」「在庫管理」「顧客管理(お客様シートの作成と管理)」「環境整備(掃除・洗濯・シャワールームや施術室の準備)」「衛生管理」「化粧品の販売」など、施術前の準備からサロン内の管理、事務的な作業まで、幅広い内容があります。サロンによっては、担当制になっているところもありますが、学ぶことによってサロン経営に関する知識が深まります。

予約管理や売上管理、在庫管理は、将来独立を考えている人なら積極的に担当したいところ。お客様の流れを感じ、店舗の運営に必要なスキルが身に付きます。また、化粧品の販売、カウンセリングやクレームへの対応を通して、営業力やコミュニケーション力が磨かれることになるでしょう。一見華やかに見える施術の裏側で、細かい事務作業を行い、お客様への対応法を実践することで、より良いサロンづくりを学ぶことができるのです。
こうしたサロンワークのスキルを高めたい場合、セミナーや勉強会に参加することでノウハウを得られる機会はあります。しかし、大切なのは実践です。日々のサロンワークのなかで、先輩エステティシャンから学び、自身で経験していくことが、何よりのスキルアップといえるでしょう。

エステティシャンは常にスキルアップができるお仕事

技術・知識・サロンワークと、エステティシャンとして身に付けるスキルは多岐にわたります。美容技術は日進月歩。基本を大事にしながらも、常に新しい知識や技術を取り入れる向上心も求められます。エステティシャンの仕事を通して、スキルを高め、お客様がリラックスして満足できる空間や時間を提供できると、自身のやりがいにもつながります。スキルアップを意識して、技術を高めていきたいですね。

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事