エステティシャンの求人はある?自分に合うエステサロンに就職するには?

エステティシャンとして働くと決めたら、最初に気になるのが、求人状況ではないでしょうか? 大手サロンが運営する養成学校を卒業した場合には、提携サロンへの就職がしやすくなりますが、希望する勤務条件が一致するとは限りません。また、人によっては、直接サロンで働きながら未経験からスタートしたい人もいるでしょう。自分に合った働き方やサロンの特色を意識しながら、より良いサロンを見つけるために、エステティシャンの求人について知っておきましょう。

どんなタイプのエステサロンで働きたい?

エステティシャンの求人を探す前に、自分が求めている条件を洗い出す必要があります。エステサロンにはさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴が異なるため、自分が働きたいと思うサロンのタイプを考えてみましょう。サロンのタイプを大きく分けると、以下のとおりです。

  • 個人経営のエステサロン……アットホームだがスタッフが少ない傾向にあり、求人も少ない。勤務時間など自由度が高い場合が多い。事務的な仕事が含まれるサロンもある。
  • 全国展開している大手のエステサロン……求人は多い傾向。販売ノルマや集客活動が含まれる場合もある。
  • 一流ホテルのエステサロンやスパ……求人は少なめ。海外資本の店舗になることもあり、語学力を問われる場合もある。
  • 美容室に併設されているエステサロン……求人先は美容室の名前になることもある。ボディよりも、フェイシャルやハンド、フットといった施術メニューが多い。
  • 化粧品メーカーの直営サロン……スキンケアのメニューが中心。未経験者OKとするサロンが多い。
  • 皮膚科などのクリニックが併設しているエステサロン……メディカルサロンとも呼ばれており、医師の指導のもとで行う施術は治療補助的な意味合いを持つ。看護の資格が必要な場合もある。
  • リラクゼーションサロン……求人は多め。未経験でも入りやすい。マッサージが中心で、リラックスしてもらうことを目的とした施術を行う。

 エステティシャンの求人は多い?

エステティシャンは、年間を通じて多くの募集を見かけます。パートだけでなく、正社員の求人数も他の業種と比べると多い業界だといえるでしょう。「未経験者でもOK」という条件を出すところもあり、はじめてエステサロンで働く人のうち、エステティシャンの資格を持っていない人は半数以上ともいわれています。

エステティシャンの求人の探し方

求人情報をのせているものはたくさんありますが、手軽にたくさんの情報を比較したいなら、インターネットサイトが便利です。新しい求人情報をすぐに手に入れることができ、エステティシャンの求人に特化したサイトもあるので、勤務地、雇用形態などの条件を絞ってチェックできます。

また、無料の求人誌もチェックするとよいでしょう。エステティシャン募集は求人誌に掲載されることが多いため、インターネットサイトに加えてチェックしましょう。地域や人数が限定された募集の場合、インターネットには出ていない情報が得られることがあります。

 

個人経営のサロンの場合は、求人情報が出にくいことも。サロンの前に張り紙を出したり、オーナーが管理するブログやホームページ、SNSなどで募集を出したりしている場合も多いようです。気になるサロンがあれば、直接問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

自分に合うエステサロンを見つけるコツは?

求人情報を見ても、たくさんの候補がありすぎて悩んでしまうことがあるかもしれません。どのサロンが自分に合うのか、どんな働き方をしたいのか考えてみましょう。

譲れない条件を明確にしておく

希望する勤務条件は人それぞれ。サロンの雰囲気、雇用形態、給与、勤務時間、休日、福利厚生など自分が最も優先する条件は、どんなものでしょうか? これだけは譲れないという条件を明確にして探すと、後から「こんなはずじゃなかった!」と思うことを防ぐことができるはずです。

「未経験者歓迎」「新卒歓迎」「主婦歓迎」や「ノルマなし」「週休2日制」「残業少なめ」など、細かい条件を明確にしておくことが、自分に合った働き方を見つけるコツといえるでしょう。

面接時に職場の雰囲気を確かめること

気になるエステサロンがあれば、まずは応募して、サロンの雰囲気を確かめてみましょう。採用面接でサロンに足を運んだ時に、そのサロンが本当に自分にぴったりの職場であるかどうか、チェックできる機会です。求人情報には載っていない細かいことは、面接時に質問して確かめておくと安心ですね。

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事