【クラス制・フリータイム制・通信制】ライフスタイルに合ったエステスクールの選び方

エステティシャンになるためには知識の習得に加え、技術を身に付けるために実技のスクーリングも必須です。エステスクールには、クラス制・フリータイム制・通信制などさまざまな学び方があります。自分に合ったスクールを見つけるために、それぞれの特徴を知っておきましょう。学び方別にメリットやデメリットを紹介します。

クラス制のメリット・デメリット

1908-1C_10131069735.jpg

エステスクールの学び方のひとつは「クラス制」です。クラス制とは決まったメンバーで一緒の授業を受けるシステムです。年単位の専門学校から短期集中講座まで、全日制や夜間・休日クラスなど、あらかじめ、曜日や時間、期間が固定されているものを指します。

クラス制のメリット

クラス制のメリットは、「カリキュラムに集中できる」「仲間と切磋琢磨できる」「同じ講師に継続して学ぶことができる」ところです。あらかじめスケジュールが決まっているため、カリキュラムに沿って順序良く学ぶことで体系的に理解しやすいという利点もあります。

人見知りだという人も、同じメンバーや講師など安定した環境であれば、授業に集中しやすいでしょう。常に顔を合わせることができる同じ志の仲間は、励まし合ったり、相談相手になったり、エステティシャンという目標へのモチベーションを維持することができます。

実際にサロン店で働きはじめてからも、同じ職種だからこそ技術や独立などの相談がしやすく、長く付き合うことで、今後のエステティシャン人生においてかけがえのない財産となることでしょう。

また、講師も人間なので相性があります。体験講座などで相性の良い講師を見つけたら、その講師に継続して学ぶという選択肢もあります。相性の良い講師であれば、高いモチベーションで学ぶことができるでしょう。

クラス制のデメリット

クラス制のデメリットは、時間やメンバーが固定されているため「特定のメンバーでしか演習できない」、スケジュール変更で授業が受けられなくなった場合に「振替クラスになじみづらい」という点です。

また、エステサロンにいらっしゃるお客様は、いろいろな年齢や体型、肌質が想定されます。初めて見る肌の状態を把握したうえで、化粧品や施術をご提案するには、さまざまな肌に触れて経験を重ねる必要があります。特定のメンバー、特に少人数制の場合、いつも同じ肌ばかりを対象とすることになるため、慣れ合いになってしまうことがあるかもしれません。

クラス制に向いている人

クラス制の授業を受ける場合は、先々のスケジュールを確認しておきましょう。振替が可能な場合も、近いスケジュールがあるか、都合のつく時間に振替があるか、手数料は必要かも確認しておきましょう。

クラス制は授業を第一優先できる「学生」や「生活をルーティン化したい人」に向いていますが、ほかの仕事をしている方は残業などを優先しないといけない可能性があるため、長い期間になるクラスにはあまり向いていないでしょう。

フリータイム制のメリット・デメリット

フリータイム制とは、都合に合わせて随時受講スケジュールを組むことのできるシステムです。

フリータイム制のメリット

フリータイム制のメリットは、仕事や家事のスケジュールの合間をぬって「好きな時間に通える」ところや、「さまざまな講師・生徒に出会うことができる」ところです。やる気はあっても、ほかに優先すべき仕事や家事がある場合など、不規則なスケジュールの方にとっては通いやすいシステムです。

実技に関しては、毎回違うメンバーだからこそ、さまざまな生徒のからだや肌に触れることでその違いを感じることができ、エステティシャンの手が作られていくのを感じられるでしょう。

フリータイム制のデメリット

フリータイム制のデメリットは、カリキュラムが自由な反面、ほかの予定を優先できてしまうことで「授業を先延ばしにしてカリキュラムが進まない可能性がある」ことです。予約枠の上限が決まっていることもあるため、予約の取りやすさも確認しておきましょう。

フリータイム制に向いている人

フリータイム制は特に「スケジュールが不規則な方」に向いています。予定変更が多く固定のクラスでは通いづらい人、夏休みや年末、リフレッシュ休暇など長期休暇を活用して短期集中で習いたい人や、慣れるまで一度にたっぷり時間をかけて習いたい人にもおすすめです。

通信制のメリット・デメリット

1908-1A_10568008394.jpg

通信制とは、スクールへ足を運ぶ通学制に対し、教室に通わずテキストや動画などで自由な時間に学ぶスタイルです。

通信制のメリット

通信制はスクールに通うためのまとまった時間が取りにくい人にも学ぶチャンスを提供してくれます。自宅のパソコンや移動中のスマートフォンなどで隙間時間にも受講できるため、忙しい人や生活リズムが不規則な人だけでなく、スクールが遠方で通いづらい人でも学ぶことができます。

通信制のデメリット

通信制のデメリットは通学制にくらべて継続しにくいところです。通信制は時間や場所の縛りが少なく、一人でスクールを受けるため、間が空いてしまったり、途中でモチベーションが下がって辞めたりすることも簡単です。

また、エステを学ぶなら実技だけは直接学んで身につけたいところです。通信制でも実技だけは短期スクーリングをしているケースもあるため、実技の有無を確認しておきましょう。

通信制に向いている人

通信制はどのような環境であれ「ひとりでも集中して勉強ができる人」に向いています。休みがとれるか、受講できるスケジュールであるか、実技の直接指導の有無などを確認しましょう。

ライフスタイルに合った学び方を選ぼう

スクールの学び方には、クラス制・フリータイム制・通信制、それぞれにメリット・デメリットがあります。なかには、クラス制とフリータイム制の混合型や、通信制とクラス制のスクーリングの混合型もあります。

エステスクールでの学びは一生ものですが、決して安いものではありません。夢への第一歩を途中で挫折することのないように、自身のライフスタイルや目的に合わせ、ベストな選択を行いましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステティシャンになるのに年齢は関係ない?第一歩を踏み出す鍵とは
・こんな資格も役に立つ!エステティシャンにおすすめの勉強、知識、資格
・エステ施術の練習はどうやってやるの?効果的な練習方法をご紹介!

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事