新規開店のエステサロンが注目すべき、効果的な求人のコツ

エステサロンを新規に開店する際に、ひとりで切り盛りする隠れ家的サロンではない限り、人材募集は欠かせません。しかし、あちらこちらの業界で人材不足が叫ばれている昨今、エステサロンでも人材確保が難しい場合があります。そこで今回は、新規開店するエステサロンの求人方法についてご紹介します。

求人原稿に注力

8-4C_07900007079.jpg

求人広告に載せる際に文字数に制限があったとしても、他サロンと同じような右にならえの広告では、優秀な人材どころか、応募者そのものを確保するのが難しいことがあります。やる気のある人材に目をとめてもらうためにも、求人原稿の内容はよく練りあげましょう。

求人原稿の「条件」はコレに注意!

どういう人材を求めるかという「条件」、効率よく欲しい人材を確保するために重要な部分であり、応募する側から見ても、自分にぴったりなところを探す際のキーポイントになります。そこで、原稿作成の際に気をつけたい点についてご紹介しましょう。

応募資格「経験者優遇」「未経験者歓迎」

「経験者優遇」ならば、具体的にどのような優遇措置があるかを書いてアピールしましょう。優秀なエステティシャンを確保したいならば、能力に応じた待遇を明記することで積極的な応募を促してください。

同時に、未経験者であってもやる気のある人をスタッフとして迎えたいならば、未経験者に期待するところを具体的に書いておくと、エステ業界への転職を考えている人も安心して応募してくれます。

例えば、エステ関係の勉強は全くしたことがなくても、美容関連が好きであればいいのか、接客業の経験があればいいのか、資格保持者ではなくとも、スクールや通信教育で、ある程度はエステに関して学んだことがある人がいいのかなどです。

また、育児のためブランクがある人も対象にしたい場合には、そのように明記しておくと、積極的に応募してもらえるでしょう。

勤務時間「時間応相談」「シフト応相談」

あまり厳しいことは書きたくないところかもしれません。しかし、せっかく面接した人材に、実際の勤務時間が予想と違っていたという理由で断られてしまうのは、お互いの時間と費用の無駄になります。

始業時刻、終業時刻が30分異なるだけで、就業が不可能になる人もいることを考え、最低限の条件などをある程度詳しく挙げて、条件にあてはまる人、つまり自サロンが欲しい人が応募しやすいようにしましょう。

求人成功のカギは「お店の魅力」

求職する人にとって大切なのは、給与体系や勤務時間だけではありません。どのような職場で、どのような雰囲気であるかということも重要なポイントです。そして、その部分こそが、求人するにあたって他サロンとの差別化を図れるポイントでもあるのです。以下のような内容をあわせて載せるようにしてみてください。

・サロンの雰囲気

サロンのロゴ、キャッチフレーズ、開店予定のサロンの外観や内装の完成予想図、オーナーやすでに決まっているスタッフの写真と自己紹介など。

・サロンのコンセプト

どのようなサロンを目指すのか、想いをストーリー仕立てにして掲載。ただし、長文を連ねると読んでもらえないことが多いため、イラストやイメージ図などを活用すると良いでしょう。

求人方法に注目

8-4B_10179012690.jpg

今日の求人方法は、求人雑誌や求人サイトに掲載するだけではありません。以下のような方法も検討しましょう。

エステティシャン養成スクール、専門学校、短期大学、大学

新卒採用のために就職課に求人票を出したり、アルバイトの求人広告の掲載を依頼したりすることができます。それぞれの学校によって、規則やフォーマットなどが異なりますので、この学校から採用したいというところがあれば、問い合わせしてみましょう。

SNS

「ソーシャルリクルーティング」とも呼ばれている方法です。FacebookやTwitterを通じて、新サロンの情報を公開して、サロンのブランディングに活用しながら、共感してくれる人材を効率的に集める方法です。Instagramは写真や動画による視覚的なアプローチに優れているので、印象に残りやすいでしょう。開店前であっても、内装工事中や打ち合わせの様子などを投稿することによって、集客も兼ねることができます。

友人・知人

エステに限らず、美容関係のオーナー仲間などがいる場合には、声をかけて紹介してもらう方法があります。未経験者としての採用ならば、親戚や知人、友人、そのまた友人など、興味ある人を募るのも良いでしょう。ただし、採用後に仕事内容や契約内容の認識不足によって人間関係に差し障りが出ることがないように、事前説明をしっかりおこなうようにしましょう。

プロのチカラを借りるのもひとつの方法

エステサロンにとって、エステティシャンやレセプションなどのスタッフは、事業の要です。採用激戦地区で、人材の確保に不安がある場合には、求人広告のプロに依頼する方法も考慮してみてください。優秀で長く勤めてくれる人材が確保できるのならば、開店資金から人材採用費を割く甲斐はあるでしょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロン開業時のスタッフ募集のポイントは?
・エステサロンを開業するなら知っておきたい「法定労働時間」
・エステサロンの従業員トラブルを防ぐためには?

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事