個人サロン開業前に知っておきたい!エステサロン経営の注意点と成功法

サロン開業時には、自分らしいサービスを提供するという夢が叶う一方で、多少の注意点があるのも事実です。さらに、個人サロンであれば、さまざまな問題に対し、オーナーひとりで解決しなければならないことも多くなります。今回は、開業前に知っておきたい、個人サロン経営時の注意点と成功法をお伝えします。

個人サロンの特徴とメリット

3-1C_10142001541.jpg

オーナーがひとりで経営する個人サロンは、エステサロン全体の約7割を占めるといわれています。自宅の一部を活用した自宅サロンのほか、マンションやテナントを借りて開業するなど、そのスタイルはさまざまです。

大手サロンとは異なり、個別性を重視したメニューや細やかなサービスができるのが個人サロンの魅力。サロンコンセプトやターゲット、メニューや価格をすべてオーナー自身で決めることができるため、オーナーの理想を追求することができるでしょう。

ただし、予約の管理から接客、施術までのすべての業務をひとりで行わないといけないというデメリットもあります。個人サロン開業に向けて、メリットだけでなく気になるデメリットの対策も事前に検討しておきましょう。

個人サロン経営の注意点と対策

個人サロン経営にあたっては、提供したい技術やサービスだけでなく、予約管理や集客イベント、リピート対策など、オーナーとしてさまざまなことを考えなければいけません。なかでも、以下のような点が課題になりがちです。個人サロン経営における注意点とその対策について、ひとつずつ確認していきましょう。

① 代わりのスタッフがいない

注意点:オーナーのほかにスタッフがいないため、ダブルブッキングや予約ミスが起こりやすい。また、オーナー自身の急な体調不良時などに対応できない。

対策:体調管理はしっかりと行い、万が一対応できない場合、次回来店時に特典を付けるといったサービスを検討しておきましょう。それでも対応できない場合に備えて、信頼できる近隣の同業者やサロンと提携し、お客様の相互受け入れができる体制を整えておくという方法もあります。

② 施術中の電話対応が困難

注意点:施術中はメールや電話の対応が難しい。

対策:施術中は可能な限り目の前のお客様に集中し、電話応対は避けたほうがよいでしょう。そこで、インターネット予約や留守番電話を設定したり、着信への折り返しを行う旨を事前に伝えたりして、カバーするよう工夫しましょう。既存のお客様については、毎回アフターカウンセリングの際に適切な来店サイクルを提案し、次回予約をいただいておくと電話やメール対応の手間が省け、リピート対策にもなります。

③ 早めに来店されたお客様への対応

注意点:自宅やワンルームサロンは十分な待合スペースがなく、早めに来店されたお客様への対応が難しい。

対策:予約の前後には十分なインターバルを設定しておくべきですが、急なトラブルに見舞われたり、お客様が早く到着したりすることもあります。待合スペースをしっかり用意しておくのが基本ですが、どうしても難しい場合には、近所のカフェやショップなどお待ちいただける場所をリストアップしてご提案する方法もあります。

④ 売上の上限がある

注意点:ベッド数と回転数に限りがあるため、売上の上限がある程度決まってしまう。

対策:利益確保のために、回転数を上げる努力をすること。ただし、なるべく単価が下がらないよう、付加価値の高いサービスを提供する工夫が必要です。客単価を上げるには、時間内にできる追加オプションのバリエーションを増やす、店販商品に力を入れるなどが挙げられます。

⑤ 相談相手がいない、自身の成長がしにくい

注意点:普段は一人で仕事をしているため、相談相手がいない場合が多い。

対策:技術セミナーや経営セミナー等の勉強会に積極的に参加し、新しいスキルを身につけながらスキルアップをすることが大切です。また同業者の相談相手や仲間を増やしながら、変化に対応できるよう意識して成長を図りましょう。

⑥ 予約の調整が難しい

注意点:1日の稼働が限られるため、予約の調整が難しい。

対策:お客様の希望通りに予約を入れていると、無駄な空き時間が発生しがちです。あらかじめ、予約枠を10時~、13時~、15時~、17時~の1日4枠というように決めておくと、効率的な予約調整が可能になります。また、管理もシンプルになるため予約ミスもおきにくくなります。 

個人サロンを成功させるためには

3-1B_07800067134.jpg

個人サロンを成功させるには、一人ひとりのお客様を大切にし、密度の高いコミュニケーションを行いながら信頼関係を深めることが大きなカギとなります。大手サロンと同レベルの広告宣伝費や人件費をかけるのは難しいため、お客様とのコミュニケーションが、リピート率を高める要となるのです。形式にとらわれず、個を大切にしたサービスは、事前予約を増やし、キャンセルを減らすことにもつながります。

また、目先の集客に走るあまり、安易な価格設定を行ってしまうのは避けたいところ。サロンの価値を下げるだけでなく、定価でご利用になっている既存のお客様に対して失礼にあたる可能性もあります。一時的な対策として実質的な値下げキャンペーンを行う場合は、モニター価格など明確な理由を提示しましょう。

個人サロンのオーナーは日々の業務に追われがちです。1日中サロンにこもって、お客様以外と接触する機会がない日もあるでしょう。各注意点に対する事前の対策をしっかり行ったうえで、オーナーとしてさらに成長し続けられるよう、ひとりで悩まず、相談できる仲間を見つけておきたいですね。 

注意点をカバーして個人サロン開業を成功させよう

個人サロン経営には、ひとりですべてを決定できるというメリットがありますが、注意点もつきものです。しかし、備えあれば憂いなし。日ごろから注意点をカバーするための対策を検討しておくことで、大切なお客様に心地よく過ごしていただくことができるはずです。それが結果として、安定した経営につながります。あなたにしかできない理想のエステサロン開業を実現するために、できる限りの事前準備をしておきましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロン開業の失敗リスクが気になる!成功に近づけるポイントは?
・自分に合ったエステ開業方法は?フランチャイズのメリット・デメリット
・エステサロンだからこそ導入したいネット予約、予約フォームの作り方は?

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事