エステサロンのユニフォーム、洗濯のポイントは?

サロンのイメージを演出するユニフォームは、常に清潔で美しい状態を保ちたいものです。どんなユニフォームを着て働くかによって、スタッフのモチベーションも大きく左右されます。定期的なお手入れを行うことによって、衛生面の向上だけではなく、スタッフの気持ちを引き締めてくれる役割も期待できます。

今回は、エステサロンで使用するユニフォームのお手入れ方法のなかでも、知っておきたい洗濯のポイントを紹介します。

洗濯表示を確認

1901-4A_11038000320.jpg

ユニフォームを美しく保つためには、定期的な洗濯が欠かせません。素材によって最適な洗濯方法が異なるため、まずはユニフォームに付いている洗濯表示(取扱表示)記号を確認してみましょう。

2016年12月から施行されている新洗濯表示記号の一覧は、消費者庁のサイトで公開されています。適切な洗剤の種類や洗濯の強さ、漂白剤の使用可否など、細かく分類された記号を理解することで、表示に合わせた方法で洗濯できるようになります。

洗濯前に部分汚れの対処を

まとめて洗濯するのは簡単ですが、部分汚れが目立つユニフォームについては前処理をしておくと効率的です。以下、汚れ別に前処理方法についてまとめました。通常の洗濯を行う前のステップとして、実践してみましょう。

油性の汚れ

施術で用いるクリームやオイルによる汚れなど、油性のシミができた場合には、シミになった部分を水でぬらし、台所用の中性洗剤でなじませるように洗います。あるいは、酸素系漂白剤でつけ置き洗いをするのもよいでしょう。60℃前後のお湯に洗濯洗剤を溶かし込み、2時間ほどつけておくという方法もあります。

汗ジミ

着用期間が長くなると、えり元やそで口が黄ばみ、汗ジミとして残ってしまうことがあります。汗ジミは時間が経つほどに落としにくくなるため、定期的なケアが必要です。簡単に水で洗った後に、洗剤を塗り込み、ブラシを使って叩き洗いましょう。

におい

施術用品のにおいや体臭などがユニフォームに染み付いてしまった場合には、つけ置き洗いが有効です。ユニフォームの素材に適した温度の水を用意し、重曹などのアルカリ性洗剤を溶かし込んだ後、30分から2時間ほどつけ置きした後に洗濯してみましょう。

ただし、においを消す目的で、強い香りのついた柔軟剤などを使うのは好ましくありません。お客様のなかには化学系の香りが苦手だったり、過敏症だったりして、強い香りに不快感を示される方もいます。柔軟剤を使用するとしても、微香性タイプのものを選ぶとよいでしょう。

汚れ防止のためのひと工夫

洗濯後には、あらかじめ汚れ対策をしておくことも大切です。その後のお手入れが楽になるだけでなく、経年劣化を防ぐ効果があります。事前にできる対策をいくつか紹介します。

・のりづけする

洗濯時にのりづけをしておくと、汚れが付きにくくなります。すすぎの際に投入する液体のりやアイロンの際に用いるスプレー式などがあるので、使いやすいものを選んでみましょう。

・防水スプレーを使う

洗濯後、乾いた後に防水スプレーをかけておくのもひとつの手です。水ぬれしにくくなると同時に、汚れも付きにくくなります。防水スプレーを使う際には、換気に気をつけることを忘れないようにしてください。

・汚れを防ぐエプロンやリストバンドなどを利用する

施術やカウンセリング時などにおいて、汚れが付きやすい作業がある場合には、エプロンを使ったり、あて布やリストバンドなどを利用したりして、ユニフォームに付かないようにする方法もあります。

・あて布や制汗剤を使用して、汗ジミを防ぐ

ユニフォームのえりやわきなど、汗ジミが付きやすいところには、内側にあて布を縫い込み、定期的に交換する方法もあります。また、スタッフルームに制汗剤を常備しておくのもよいでしょう。

洗濯代行業者やユニフォームのリースも

1901-4B_10131061528.jpg

サロンの規模が大きくなるにつれて、お手入れが必要なユニフォームも増えてきます。また、年数が経てば、ユニフォームの交換が必要になることもあるでしょう。

そんなときには、洗濯代行業者を利用し、効率的に清潔感を保つ方法もあります。コストはかかりますが、定期的な集荷があり、洗濯物の種類や汚れの程度によって洗い分けしてくれるため、きれいな状態を保ちやすくなります。

業者によって利用条件が異なるため、自サロンの需要に合わせて各社の契約内容を確認してみるとよいでしょう。業者によっては、1枚から洗濯を請け負ってくれるところもあるので、個人サロンなどで洗濯が難しい場合などにも利用できます。

また、ユニフォームの管理そのものの手間を省きたい場合には、リースを検討するのも一案です。洗濯の手間が省けるだけではなく、斬新なデザインのユニフォームにチャレンジしたり、季節ごとにユニフォームを変えたりすることができるため、サロンのイメージアップにも役立ちます。

洗濯機の掃除も忘れずに

ユニフォーム以外にも、エステサロンで使用するタオルやシートなどを定期的に洗濯しているサロンは多いのではないでしょうか。そのため、頻繁に洗濯機を利用していると、洗濯槽にも汚れが残ってしまうため、定期的な洗濯機の掃除も欠かせません。使用している洗濯機の取扱説明書に従って、小まめに汚れを取り除きましょう。

また、洗った後の洗濯物を洗濯機の中に長時間放置してしまうと、雑菌が繁殖し、悪臭を招くことがあります。衛生上の観点からも、ユニフォームはしっかり乾燥させて使用したいものです。サロンの一部でもある大切なユニフォームだからこそ、適切なお手入れで美しく保ちましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・エステ開業までに揃えておきたい備品・化粧品の選び方
・エステサロン開業に必要なもの~ベッド・スツールからお得な開業セットまで、大型備品の選び方~
・エステサロンで取り扱う化粧品の選び方のポイントと仕入れ方法について

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事