エステサロンの口コミを増やして注目を集めるには?

エステサロンの売上を伸ばすためには、継続した集客が欠かせません。集客方法にはさまざまな方法がありますが、なかでも効果的なのが「口コミ」です。良い口コミが広がれば、新たなお客様を増やせる可能性が高まります。今回は、サロン集客につながるような質の高い口コミを集めるためのコツを紹介しましょう。

口コミを集める方法

1811-5B_07900002853.jpg

口コミとは、消費者同士が特定の商品やサービスに関する評価や情報を紹介しあう行為や、その評価などを指します。良い口コミが集まれば、信頼度も高まり、新たなお客様の開拓にもつながるものです。お客様自身から自然に口コミを広げてもらうのが理想的ですが、サロンが主体となって口コミを集めることで、攻めの集客として役立てることもできます。

口コミを集める際には、リピート率の高い常連のお客様だけでなく、初来店のお客様も対象になります。来店回数の異なるお客様の意見をまんべんなく集めることで、初めての方も足を運びやすい印象を与え、その後継続しているリピーターが多いことも伝わります。

サロンの口コミは常連のお客様から集めよう

より信憑性(しんぴょうせい)の高い口コミを集めるためには、サロンの良さを知る常連のお客様を対象とするほうがよいでしょう。常連のお客様のリアルな声は信頼度が高く、そのほかのお客様にとっても自分以外のサロン利用者がどう評価しているかを知ることで、サロンの価値を再認識するきっかけになります。

常連や既存のお客様から口コミを集めるには、お客様アンケートをはじめ、公式サイトでメッセージを送信できるフォームを用意したり、口コミサイトに登録して投稿できるようにしたりするといった方法があります。特に、来店時のアンケートはお客様の思いも新鮮で、リアルな感動を残していただけます。

また、SNSなどを通じて、直接メッセージをもらえるような仕組みをつくるのもよいでしょう。他にも、匿名で書き込める口コミサイトでは、お客様の本音が集めやすいという特徴があります。来店後の御礼メールに、口コミを投稿してもらうフォームのリンクを入れるなどして、気軽に書き込んでもらえるような案内文を考えてみましょう。

エステ体験会を実施して見込客から口コミを集める

初めて来店されたお客様からの口コミは、今後来店を検討するお客様の不安を和らげる効果が期待できます。とはいえ、継続的に新規のお客様獲得の機会をつくることが難しいと感じている方は多いでしょう。

そんなときには、初めてのお客様を対象としたエステの体験会を開催し、その場で口コミを集めるという方法もあります。気軽に来店してもらえる施術のお試し会やホームケアの体験会などで、まずは体験してもらう機会を増やしてみましょう。イベント参加を促すアプローチとして、通常より安い価格で提供したり、試供品プレゼントの特典をつけたりするのも有効です。体験会は見込客と口コミを同時に手に入れることができる優れたイベントになるでしょう。

サロンのアピールポイントに合った口コミを集めるには

サロン利用を検討するお客様は、「サロンを利用することで、どんな結果が得られるのか」という点に興味を持っています。そのため、口コミはより具体的に書かれているほど信憑性が増し、集客効果を発揮します。お客様から口コミを集める際には、「〇〇の悩みに対して、▲▲といった感動体験を得た」という流れを意識しましょう。

例えば、来店時のアンケートで口コミを集める場合には、「①サロン利用前の期待」「②サロンを利用した理由」「③施術後の変化」「④メニュー/サービス/スタッフへの感想」といった具体的な設問を設けます。

また、アンケートは、あくまでもお客様が任意で記載いただくものです。即答しやすいようにいくつかの選択肢を用意したり、質問内容を時系列にしたりするなど、記入時の負担を減らす工夫も取り入れましょう。

集めた口コミは効果的に公開しよう

口コミを集客に役立てるには、ほかのお客様の目につくように紹介する必要があります。

まずは、アンケートで得られた結果をもとに、サロンのアピールポイントやコンセプトを簡潔にまとめ、今後検討されるお客様がメリットを感じるポイントを具体的に紹介しましょう。

先に紹介したアンケート項目であれば、「以前は①肌のトラブルに悩んでいましたが、②体験会で施術を受けて③こんな風に変化しました。④〇○コースにしてよかったです。正しいホームケアの方法を教えてくださりありがとうございました。」と基本的にはそのままつなげていくだけでかまいません。

お客様からいただいたアンケート内容を編集すると、お客様の意図とは違う内容になってしまう可能性もあるため注意が必要です。また、たとえお客様のリアルな声であっても、「○○が治った」といった医療行為を連想させる表現は掲載しないようにしましょう。

まとめた口コミは、サロン内に掲示したり、自サロンのサイト上に「お客様の声」として掲載したりする方法が一般的です。そのほか、メールマガジンで紹介したり、リーフレットとして配布したりするのもよいでしょう。そのため、口コミを集める際には、記入いただいた内容を公開する可能性があることを、あらかじめ伝えておくとスムーズです。

口コミはサロンの大切な資産であり、きちんと管理しておくことが大切です。口コミサイトに投稿された口コミは、小まめに印刷するなどして記録しておくとよいでしょう。サイトによっては、過去の情報が削除されてしまうリスクがあります。

口コミに必要な新鮮さと信憑性とは?

1811-5C_07800047933.jpg

お客様の興味を引くような質の良い口コミには、新鮮さと信憑性があります。

お客様はリアルな「今」の情報として、新しい口コミを求めています。積極的に新しい口コミを集めると同時に、集めた口コミは月に1回など定期的に更新して新鮮なうちに公開しましょう。

また、お客様の実名が記載されている口コミは、より信憑性が高まります。お客様が個人名で利用しているSNSでサロンを紹介してもらったり、サロン固有のSNSページでアンケートの写真を掲載したりするのもよいでしょう。

ただし、SNSを活用する際には、ターゲット層に合わせたメディアを選ぶことが大切です。ターゲットとなるお客様層が利用する頻度の高いSNSや口コミサイトを優先し、掲載先をしっかりと選定しましょう。自サロンのサイト上に掲載する場合には、過去の口コミは削除せずに積み重ねていくのがおすすめです。掲載数を増やすことで口コミの信憑性も増し、定期的に更新されているサイトは検索されやすくなるというメリットもあります。

批判や苦情といった「悪い口コミ」にもしっかり対応を

口コミのなかには、批判されたように感じるものもあるかもしれません。しかし、どんな評価であっても、口コミはサロンをより良く利用したいというお客様の貴重な意見です。特に批判や苦情だと感じられる口コミには、迅速に返信を行い、改善姿勢を示しましょう。

お客様からの口コミは、サロンへの激励メッセージです。良い口コミも悪い口コミも、それぞれに返信を行うことを忘れずに行い、どんな評価であっても、口コミ後に再来店いただいたお客様には感謝の気持ちを伝えましょう。

エステサロンの口コミを増やすにはサロンの質も大切

受けたサービスが期待以上だったとき、お客様は「感動」し、人に伝えたくなるものです。逆に、どんなに良いサービスでも、期待以下だった場合はむしろ評価は下がります。また、口コミの公開は集客につながるものですが、誇大広告にならないように注意する必要もあります。

口コミを通じてサロンの良さを伝えつつ、常にサービスの質の向上に努め、お客様が自然に口コミしたくなるようなサロンを目指しましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロンにお客様が来ない… 新規顧客獲得はどうすれば良い?
・エステサロンのブランディング手法!スタッフ紹介をしてみよう
・集客に導く!エステサロンのチラシ作成時のポイント

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事