エステティシャンに相応しいネイル…指先のお手入れ方法は?

エステティシャンは手が命。直接お客様に触れる指先は、ケアにも細心の注意を払いたいところ。エステティシャンに相応しい指先のケア方法や指輪などのアクセサリーの付け方について、覚えておきたい最低限のマナーを紹介します。

エステティシャンの指先マナー

1810-1A_10144000703.jpg

エステティシャンは見た目の美しさはもちろん、清潔感や快適さの提供が求められます。そのため、デリケートなお肌に触れる指先も、お客様にとって快適な状態を保つのがマナーです。

施術の際にお客様の肌を傷つけないよう、爪は短くカットし、爪先・爪表面にやすりをかけておくとよいでしょう。目を閉じて施術を受けているお客様は、視覚以外に意識が集中しているため、肌に爪が触れると、違和感や不快感を覚えやすくなります。

ネイルはNGとしているサロンが多いなか、ナチュラルなデザインや、表面が滑らかなジェルネイルであればOKとしているサロンもあります。ネイルをする場合は、清潔感に気をつけ、サロンのコンセプトに合ったものを選びましょう。

結婚指輪はつけていても大丈夫?

一般的な職場では比較的問題視されない結婚指輪ですが、エステティシャンの場合は少し異なります。手で直接お客様の肌に触れる仕事であることから、指輪は肌にあたる可能性があり、結婚指輪であっても外すように指示されるサロンがほとんどです。さらに、マシンを用いた施術では、金属を身につけているとリスクを伴うことがあるため、原則としてアクセサリー類は全て外しておく方がよいでしょう。

指輪が許可されているサロンでも、お客様の快適性を考えて、施術中は指輪を外すか施術用の手袋をはめるなどの対応を検討してみましょう。

エステティシャンに欠かせない指先のネイルケア

エステティシャンは自身が思っている以上に、お客様から見られています。肌はもちろん、髪の先から爪先の細部に至るまで美のプロとして相応しいかどうかをチェックされていると思ってよいでしょう。自身の肌ケアとあわせて、セルフケアは指先まで念入りにしておきたいところ。具体的な指先ケアの方法について紹介します。

指をきれいに見せる爪の長さ・形の整え方

原則として爪は指先から出ることのないよう短くしておくのが基本です。長さはもちろん、万が一お客様の肌に触れても違和感のない滑らかな状態にしておきましょう。爪切りで切りっ放しではなく、「エメリーボード」「ネイルファイル」などのネイルケア専用の爪やすりを使用することで、凹凸のない爪先を作ります。

爪やすりは爪に約45度の角度で一定方向に動かすのがポイント。ただし、往復に動かすと二枚爪になるといったトラブルの原因になります。どの角度で触れてもお客様の肌を傷つけることのないように、爪の形は角に丸みのある「ラウンド」や「オーバル」がよいでしょう。

指の美しさを追求する甘皮の処理方法

指先の美しさを追求するなら甘皮の処理まで徹底したいところ。爪の上にある余分な薄皮はルーススキンともよばれ、そのままにしておくと乾燥やささくれを招くこともあります。甘皮はそのままでは乾燥して硬いため、お風呂上がりなど指先をふやかした状態で処理します。まず爪にネイルオイルを塗布し、綿棒で爪の生え際を小さく円を描くようになぞりながら取り除きます。甘皮除去の後は乾燥しやすいため、すぐにクリームを塗布しておきましょう。

爪の表面を磨いて仕上げる

長さを整え、余分な甘皮を除いたら、最後は表面を磨きます。爪表面の縦線や凸凹が消え、自然なつやが出ると見た目の印象が良くなります。爪の根元にネイルオイルを塗った後、「バッファー」や「シャイナー」「ポリッシャー」と呼ばれるやすりを爪表面に当て、一定方向に動かして整えましょう。

その際、やすりは段階的に種類を変えるとよいでしょう。はじめは目の粗いもの、次に目の細かいもの、最後に革製のものの順に用います。仕上げにもう一度、爪の根元にネイルオイルを塗布しましょう。

甘皮処理から磨きまでを手軽にできるネイルケア専用のマシンもあります。マシンは効率が良い反面、爪を削りすぎて薄くしすぎてしまったり、誤って爪の根元を傷つけてしまったりするリスクもあるので注意が必要です。マシンの利用の有無に関わらず、ケアのやりすぎには注意しましょう。

指先の荒れを防ぐための正しいハンドケア

1810-1C_10730000837.jpg

エステティシャンは、清潔を保つためこまめに手洗いや消毒をしたり、水仕事も多かったりと、手荒れをしやすい環境にあります。爪先と同様、指先の荒れは正しいケアで防ぎたいもの。水仕事の際は、素手ではなくゴム手袋をすることで水や洗剤の刺激から肌を守ることができます。ゴムアレルギーの人は、ラテックスフリーの手袋を使うか、ゴム手袋の下に綿手袋をするとよいでしょう。

指先も顔と同様、洗った直後に保湿を行いましょう。肌のバリア機能を守るため、セラミドや尿素など保湿成分が配合されているローションやクリームがおすすめです。ただし、仕事中は香りの強いものは避け、他の作業に影響するようなべとつきのあるタイプは避けましょう。手洗い後、すぐに使えるように、水場に1本置いておくと便利です。また、ネイルオイルはペンタイプのものを持ち歩いておくとこまめに保湿できます。

保湿ケアを怠って乾燥してしまうと、ひび割れや炎症を招き、さらには湿疹やかゆみを引き起こします。あまりにひどい手荒れは、お客様に不快感を与えるばかりでなく、傷によって感染を広めてしまう可能性もあります。医療機関で適切な治療を受けるなど、一日も早く改善できるよう努めましょう。また、肌荒れをしていても施術に入る必要がある場合は、施術用の薄い手袋を着用するなどして対処しましょう。

エステティシャンの生き生きとした姿や整えられた肌、行き届いた爪先をみて、サロンに信頼を覚えるお客様もいます。なめらかな指先は、お客様の満足度を上げることはもちろん、エステティシャンの自信にもなり、結果的にリピートやハンドケア化粧品・ネイルケア用品の販売促進にもつながることでしょう。

指先のケアはサロンの満足度につながる

エステサロンは五感で美を感じていただく場です。お客様の身体に荒れた手や爪があたることによる不快感はクレームにもつながりかねません。反対に「手が滑らかで気持ちいい」という理由で指名をいただくことも多くあるでしょう。エステティシャンらしく、指先までぬかりない美しさを保ちたいですね。

❏あなたにおすすめの記事
・エステティシャンに職業病はある?原因やケアの方法
・健康が資本!秋冬にも負けないエステティシャンの体調管理の方法
・エステティシャンのストレスケアに。すぐに取り入れられるストレス解消法

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事