エステサロン開業の失敗リスクが気になる!成功に近づけるポイントは?

エステサロンを開業したいと思っていても、本当にお客様が来てくれるのか、きちんと収入が確保できるのかといった不安を感じ、一歩を踏み出せない方もいるのではないでしょうか? 安定したサロン経営のためには、利益を上げ続ける必要があり、それなりの努力が求められるでしょう。

しかし、失敗のリスクを恐れてばかりでは、いつになっても開業できません。開業するからには、そうした失敗を回避できるよう、事前に対策を練っておくと安心です。今回は、開業時のリスクを軽減させるために、できる限りコストを抑えて、利益を伸ばすポイントを紹介します。

現在の生活を維持しながら独立する

1807-1B_29088007.jpg

開業を決断するにあたり、とくに不安を持つのは収入面でしょう。開業によって、これまでの生活から一変し、収入源どころか金策に追われてしまうのでは、せっかくの開業も後悔してしまうことになってしまいます。しかし、開業のスタイルは多くあり、すべてを賭けないとできないようなギャンブルでもありません。エステサロンの開業と同時に、安定収入を確保しておく道も考えておきましょう。

開業に向けて、さまざまなリスクに備えることは必要ですが、過度な不安を抱えていては良い結果を生み出せません。経営は常に未知の出来事に対する選択の連続です。経営者として冷静な判断を心がけるためにも、開業初期にはサロン以外の収入を確保しておくという方法もあります。たとえば、ダブルワークやパラレルワークなど、これまでのキャリアをいかしつつ、土日のみや午後のみといったサロン経営から始めてみるのもひとつの手です。

中小企業庁では副業推進の流れもあり、副業可能な企業も増えてきました。現在の就業先で許可が下りるならば、仕事を続けながらの開業も可能です。ただし、エステティシャンを続けながらサロン開業をする場合、同エリアへの出店は原則禁止としているところもあります。後々のトラブルにならないよう、きちんと条件を確認したうえで、開業するようにしましょう。

開業後のコストを抑える工夫

実際に、最初は副業から始めるとしても、最終的にはエステサロンの経営に集中できる環境を作る必要があります。そのためにも、開業後には十分な利益を出せるような経営プランを実践することが大切です。売上を伸ばす工夫はもちろんのこと、無駄なコストを抑える方法も取り入れてきましょう。一度決めたら変更しづらい毎月の家賃や人件費、機器類の維持費について、以下のようなポイントで開業前から慎重に検討してみましょう。

家賃コストを抑える

毎月の固定費のなかで、特に費用がかかりやすいのが家賃です。テナントを借りるとなると、敷金、礼金、仲介手数料、事業用保険など初期費用だけでもかなりの金額になります。住居用に比べ敷金が高くなる傾向があり、家賃の6~8ヶ月分が必要になるケースもあります。初期段階での売上見込みから、これだけのコストを回収する自信がないと感じたら、まずはレンタルサロンやシェアサロンの利用や、自宅の一角を利用する自宅サロンでの開業を検討するのも良いでしょう。

ただし、自宅サロンの場合は注意が必要です。家族の協力が不可欠で、生活感を見せない内装に変更したり、場合によっては内装工事が必要になったりすることもあるでしょう。レンタルサロンは、利用の度に必要な備品を運ぶ手間や予約の確定に時間がかかるといったデメリットがあるものの、一回ごとの利用料が明確で、コスト計算しやすいというメリットがあります。シェアサロンの場合は、共同経営者とのトラブルを避けるため、お互いの使用頻度や費用負担の割合をしっかりと決めておくようにしましょう。

人件費を抑える

人件費は、毎月かかる固定費にあたります。スタッフを1人雇えば交通費を含む給与のほか、法定福利費などを含めると想定した月額の1.5倍から2倍程度が必要です。人件費の適正比率は、対売上比率35%が目安とされており、十分な売上がないうちは、固定費である人件費の割合も必然的に上がります。

ただし、人件費削減のためにスタッフ数や給与を減らすことは、お客様にとってもスタッフにとってもお店のイメージダウンにつながりかねません。まずは、売上に応じた歩合制などの成果報酬を取り入れる、確実に売上が見込める時間のみパートを採用するなど、適正な人件比率に近づけるための仕組みづくりを考えましょう。すぐにスタッフを雇用することがないとしても、将来的な事業拡大に備えて、人件費についても考えておきましょう。

什器や機器等の維持費を抑える

サロンにはベッドやスツールなどの什器は欠かせませんが、はじめから高級素材のマットレスや、費用のかかる電動式のものを用意する必要はありません。開業当初はそうした大型備品にかかるコストについても、できるだけ削減できるようにしてみましょう。シンプルなマッサージベッドであっても、タオルの素材を変えたり、クッションの当て方を工夫したりすることで、より心地よい環境をつくることが可能です。

また、高額なエステ機器の購入も、事前の検討をおこなうことが大切です。コストをかけて購入しても、利益が少なければ、あとあと債務だけが残ってしまうこともありえます。経営が安定してからマシンを導入するか、マシンメニューの固定客がつくまでは、月単位で解約可能なレンタルを利用するのもよいでしょう。

在庫ロスを抑える

売上総利益は、全体の売上高から売上原価を差し引いたものです。売上原価には、施術に使用する業務用のオイルやクリームといった化粧品類をはじめ、店頭で販売する化粧品や美顔器などの商品も含みます。

利益は、原価を引いたものであり、つまりは、こうした原価のかかる備品の在庫が少ないほど、利益が高くなるということになります。最初から大型ロットで購入した方が、商品1つ当たりの原価は小さくなるものの、売れ残ってしまえばかえって利益を下げてしまいます。売上原価の縮小のためにも、適正な在庫数を保つようにしましょう。

成功済みのノウハウを利用して自分のサロンを持つ

1807-1C_07900002857.jpg

エステティシャンとしてのスキルを磨き、勤務先のサロンで店長としてマネジメントを担当してきた方であっても、いざ経営者となると、これまでの経験では乗り越えられないことも多々出てきます。現場での知識は豊富でも、集客力や売上管理のスキル、経営に関する法的知識がなければ、対応できないこともあるでしょう。

開業費をどれだけ多く用意していたとしても、赤字続きでは結果的に失敗に終わってしまいます。経営に関するリスクを最小限に抑えたいと思うのであれば、開業支援や開業サポートを利用して自サロンを持つことも考えてみましょう。

開業支援として、サロンに必要な備品や看板などを格安で利用できたり、場合によっては、宣伝広告費を援助してくれたりするところもあります。成功ノウハウのある大手サロンのバックアップを受けて、サロン開業を成功に導きましょう。

サロン経営はリスクを抑えながら攻めの姿勢も忘れずに

サロン開業は、副業から始めることも可能です。経営難になってしまうリスクを抑えて、自分に合ったスタイルでの開業を目指しましょう。ただし、コストを抑えるだけの守りの姿勢では、事業拡大にはつながりません。キャンペーンやイベントなどを開催し、積極的に情報発信していく攻めの姿勢も意識してみましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロンで取り扱う化粧品の選び方のポイントと仕入れ方法について
・自分に合ったエステ開業方法は?フランチャイズのメリット・デメリット
・開業前に準備したい!エステサロンに特化した就業規則の作り方

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事