エステサロンを開業するなら知っておきたい「法定労働時間」

エステサロンの開業を目標にしている場合、経営に関する知識を学ぶ必要があります。なかでも事前に学んでおきたいのが「法定労働時間」の知識です。

たとえスタッフを雇い入れる予定がなくても、自分自身が無理なく働けるような基準を知っておくことも大切です。また、将来的にスタッフを雇用する可能性を考えて、法律で決められた労働時間に関する知識を深めておきましょう。

「法定労働時間」とは?

1807-7B_07800003663.jpg

雇用される側を守る法律のひとつに「労働基準法」があります。法律上で基準となる労働時間や休日の設定、賃金の支払いに関する条件が定めてあり、パートやアルバイトの人にも適用されます。なかでもオーナーだからこそ知っておきたいのが、法的に定められた労働時間の基準です。

「労働基準法」によると、労働時間として1日8時間、1週間で40時間を超えた勤務はさせてはいけないという「法定労働時間」が定められています。

ただし、商業、接客娯楽業、映画・演劇業、保険衛生業に入る業種で10人未満の事業場では、1週間に44時間までという特例がありますので、エステサロンの規模が10人未満であれば、こちらの基準が適用されるでしょう。複数店舗の経営であっても、店舗ごとに独立性がある場合には、店舗ごとに適用となります。

この場合の「労働者」には正社員だけではなくパートやアルバイトも含むため、スタッフを雇用する場合には注意が必要です。オーナーだからといって無理をするのではなく、自分自身も基準に従って働くことも考えてみましょう。

長時間営業の場合には?

法定労働時間に従う場合、1日8時間では、長時間の営業が不可能になってしまうと心配になるかもしれません。確かに、朝10時から夜8時までのような営業時間を設定する場合には、開店から閉店まで同じスタッフを勤務させるのは好ましくありません。

そうした場合には、シフト制で各スタッフの労働時間が法定労働時間を超えないように管理するか、変形労働時間制を導入して対応する必要があるでしょう。

「変形労働時間制」とは労働時間を1日単位、1週間の単位ではなく、1か月以内の一定期間の単位で調整するものです。つまり、1週間に40時間が法定労働時間に従うとしても、1日当たりではなく1か月当たりで計算することで、1日の労働時間を伸ばすことができます。詳しい計算式は以下のとおりです。

・1か月を30日とする場合

30(1か月の日数)÷7(1週間の日数)×40(週の法定労働時間)=171.4時間(1か月当たりの最大労働時間)

上記の場合、1日に8時間を超える日があっても、月の総労働時間が171.4時間を超えないように調整すれば問題ありません。

法定労働時間を超えてしまったら?

1807-7A_10367000151.jpg

労働基準法は法律で定められるものであり、基本的に厳守すべき雇用条件です。しかし、何らかの事情でスタッフの労働時間が法定労働時間を超えてしまうことがあるかもしれません。そんなときは、どうしたらよいのでしょうか?

まず、法定労働時間の超過分は、時間外労働(残業)として時給が発生することになると覚えておきましょう。時間外労働にはもちろん、時間外労働としての賃金、つまり通常賃金の1/4以上を加えた割増賃金を支払う必要があります。

また、割増賃金を払うだけではなく、労働基準監督署への届け出も必要です。通称「36協定(さぶろくきょうてい)」という契約をスタッフの代表と結び、所轄の労働基準監督署長宛てに届け出することになります。未届けで時間外労働をさせると、懲役や罰金などの処分を受ける可能性がありますので、時間外労働が発生する可能性がある場合には、あらかじめ届け出ておくとよいでしょう。

加えて、時間外労働時間は1か月で45時間まで、1年で360時間までと決められていますので、36協定を提出し、時間外労働の賃金をきちんと払っていたとしても、長時間労働にならないように注意する必要があります。

労働基準法にのっとる重要性

労働基準法で働く時間を縛ってしまうことに抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかし、スタッフ本人が長時間勤務を希望しても、罰則を受ける可能性があります。オーナーとしてサロン経営を安定させるためには、開業前に労働基準法についてよく勉強しておく必要があるでしょう。

たとえ労働基準法がわずらわしく感じたとしても、サロンを守るためにはしっかり法律を理解し、法にのっとったサロン運営をしなければいけません。それは、罰則を避けるためだと考えるだけではなく、自サロンのスタッフを大切に扱うための目安でもあります。

サロンの理念に共感し、やる気を持って業務を行ってくれる優秀なスタッフであっても、無理をさせてしまうとストレスや疲れがたまり、いずれ燃え尽きてしまうことになりかねません。大切な人材だからこそ、働きやすく実力を発揮しやすい環境、長く働いてもらえる環境を整えることが重要です。法定労働時間を順守するサロンとして、働きやすい環境を用意しておきましょう。

まずは労働時間が把握できるようにしておこう

ひとりオーナー兼スタッフのサロンは、何かと無理をしがちです。法定基準に従った働き方をすることで、将来的にスタッフを雇用したときの見本になるのではないでしょうか。また、スタッフが少数で、オーナーである自分自身も店舗に出ているからといって、スタッフに無理な働き方を強いるのはかえってサロン経営に悪影響が出てしまいます。

何らかの労務トラブルが発生したときに、自分自身だけでなく大切な仲間であるスタッフを守るためにも、出退勤を正確に記録できるシステムを導入し、労働時間を把握することから始めましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・開業前に準備したい!エステサロンに特化した就業規則の作り方
・エステサロンの従業員トラブルを防ぐためには?
・オーナーだからこそ意識したいサロン開業後の勤務時間や休日の取り方とは

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事