エステティシャンが主役!最高峰の技術を競う「エステティックグランプリ」とは

エステティシャンとしてのスキル向上は、仕事へのやりがいや報酬アップにつながるもの。しかし、日々の業務に追われながら、スキル向上のモチベーションを保ち続けるのはむずかしいかもしれません。

そこでオススメしたいのが「エステティックグランプリ」への参加です。2011年から毎年開催されているエステティシャン向けのイベントで、美容のプロとしての総合的な評価が得られます。

取り組みがいのあるイベントに参加して、モチベーション維持のきっかけをつくってみませんか? 「エステティックグランプリ」に参加することでどんなメリットを得られるのか、エステティシャンの目線からお伝えします。

「エステティックグランプリ」はエステティシャンの総合力を高める大会

1806-6B_07800003243.jpg

「エステティックグランプリ」とはエステティシャンの技術力や接客力など、業務に必要な総合力を競う大会です。2011年に第1回大会を開催し、2018年度の第8回大会では、全国から500を超えるエステサロンが参加しました。

このイベントは、エステティシャンが主役になれるステージを設定し、学びの機会を提供することを大きな目的としています。同時に、エステティシャンが自らの仕事に誇りを持ち、明確な目標を発見できる場所ともいえるでしょう。

「エステティックグランプリ」のスローガンは、「夢や誇りを持ったエステティシャンが日本を美しくする」というもの。美容の専門家としてポジティブなイメージを発信し、高いスキルを持つエステティシャンを輩出することで業界発展の礎となることをめざしています。

エステティシャンが参加するメリット

「エステティックグランプリ」はサロン単位での参加となるため、個人での評価につながりにくいのではないかと思われる方もいるかもしれません。しかし、サロンに所属するエステティシャンにとっても、多くのメリットが得られるチャンスです。たとえば、以下のような点において良い影響を受けられるでしょう。

・施術の技術力向上

「エステティックグランプリ」にはモニター審査から始まり、最終的にはステージ上で直接技術力を審査される機会が得られます。大会で勝ち上がるためには、必然的に施術技術や美容の理論を見直すことになり、訓練する機会が増えることでしょう。

・お客様への接客力向上

大会では、サロンの接客サービス状況が項目ごとに評価され、数値化したフィードバックを得られます。つまり、他店と比べて接客力がどの程度のレベルにあるのかが視覚的にわかります。フィードバックを参考に弱点を改善することで、エステティシャン個人においても接客サービスが向上することでしょう。

・仕事に対する意識向上

日々のお客様対応に追われていると、初心を忘れがちです。「エステティックグランプリ」に参加することで、お客様に喜んでもらいたいというエステティシャンの初心を思い出すことができるでしょう。

・メディアによるPR

「エステティックグランプリ」本選の様子は、動画サイトであるYouTubeで配信されたり、大会DVDとして記録が残ったりします。本選に出場すれば優秀なエステティシャンとして露出が増え、知名度も上がります。将来的に独立開業を考える方にとっては、今後の大きな強みとなるでしょう。

エステティシャン同士の結束が強くなる勉強会

「エステティックグランプリ」では大会開催のほかに、サロンオーナーやエステティシャンが参加できる地域勉強会を開催しています。これはエステサロン同士が横のつながりを深めることを目的としており、毎回さまざまなテーマが設定されます。この勉強会は「エステティックグランプリ」にエントリーしていなくても参加できるため、前向きに活用してみましょう。

勉強会の内容は、参加者が積極的に論議する参加型となっています。定期的に参加することで、エステティシャンがレベルアップでき、地域のエステティシャン同士の結束も得られるのが大きなメリットです。

「エステティックグランプリ」の審査方法

1806-6C_07900002856.jpg

では、「エステティックグランプリ」に参加した場合、どのような審査が行われるのでしょうか。

「エステティックグランプリ」に申し込んだエステサロンは、まず地域大会にエントリーされます。地域大会では「顧客満足サロン部門」1部門で審査され、総合得点ごとにランキング化されます。そして各地域の顧客満足度上位となったサロンは、「フェイシャル技術部門」「モデルサロンプレゼンテーション部門」の2部門に出場できる権利を得ることになります。計3部門において審査される内容は以下のとおりです。

顧客満足サロン部門

顧客満足サロン部門では予約時の電話対応からお客様をお見送りするまで、エステ業務全般を審査されます。大会から派遣された覆面モニターが実際に来店し、接客を受けたあと評価項目を記入するという仕組みです。評価項目は以下のようなものが挙げられます。

  • 予約時の電話対応
  • お客様のお出迎え
  • 施術前のカウンセリング
  • 施術中の対応
  • 施術後のカウンセリング
  • お会計
  • お見送り
  • クリンネス

この評価項目は一例であり、実際の審査項目は多岐にわたります。評価対象はオーナーを含むエステサロンスタッフ全員です。

フェイシャル技術部門

フェイシャル技術部門では、地域大会のエリアファイナルを通過した24サロンが代表となり、セミファイナルの出場権を獲得できます。セミファイナルからは、ステージ上の施術台で、モデルを使った実際のフェイシャル施術によって審査されます。最終のグランプリファイナルに参加できるのは上位3サロンです。

また、ステージ上では、フェイシャルの技術力だけではなくエステティシャンの振る舞いも審査の対象となります。セミファイナルでは4名の審査員が登壇し、スキルアップに向けたアドバイスを直接受けられるというメリットもあります。

モデルサロンプレゼンテーション部門

モデルサロンプレゼンテーション部門は、顧客満足サロン部門で得点上位となった10サロンがセミファイナルに進出します。エントリーしたサロンは、取り組みや想いを伝える「3分間のサロン紹介ムービー」と「サロンプロフィールシート」をそれぞれ作成し、会場において審査されます。グランプリファイナルの参加権を獲得するのは、上位3サロンです。

モデルサロンプレゼンテーション部門の選考は、エステティックへの想い、サロンの取り組み、学びや気づき、サロンプレゼンテーションから受けた期待感などが評価されます。

「エステティックグランプリ」の認定は営業力強化につながる

「エステティックグランプリ」での認定は、技術力をはじめとするエステティシャンの総合力が評価された証拠です。エステサロンのイメージ向上に貢献するほか、エステティシャン個人の営業力強化にもつながります。

エステティシャンに期待されるのは、お客様を美しく元気にすること。日々のモチベーションを保ち、自信を持って接客するきっかけとして「エステティックグランプリ」を活用しましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステティシャンとして行っておくべき美容業界の展示会・イベントとは?
・技術力の高い一流エステティシャンになるために必要なこと
・本音を引き出すエステティシャンのカウンセリング術とは?

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事