エステサロンのブランディング手法!スタッフ紹介をしてみよう

サロンの雰囲気を伝えるために、公式サイトやサロン内でスタッフ紹介を行っているところが多くあります。しかし、その多くは気軽なもので、せっかくのスタッフ紹介を生かしきれていない傾向にあります。

スタッフ紹介は、お客様に向けてスタッフの魅力を最大限アピールする方法のひとつであり、エステサロンの認知度アップや定着につながる大きなカギでもあります。今回は、エステサロンのブランディングにも役立つ「スタッフ紹介」のポイントについてお伝えします。

スタッフ紹介がサロンのブランディングに役立つ理由

1804-5B_10142001819.jpg

ターゲットとするお客様層に対して、サロンの様子や雰囲気をより具体的に伝える手段のひとつとして使えるのが「スタッフ紹介」です。その内容から、サロンの姿勢や得意とする分野などをアピールすることができるため、集客効果も期待できます。

 ホームページに記載するのはもちろん、サロンの受付や待合室に掲示したり、パンフレットに入れ込んだりと、スタッフ紹介を積極的に活用してみましょう。サロン内で独自のマガジンやニュースペーパーを作成しているのであれば、スタッフ紹介ページを作るのもおすすめです。

スタッフ紹介を作成してみよう

スタッフ紹介によるブランディング効果を狙うためには、アピールポイントをまとめるだけにとどまらず、サロンのイメージまで意識した文章作りをしなければいけません。では実際に、スタッフ紹介を作成する際には、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか? 以下のポイントを見ていきましょう。

サロンのブランドコンセプトを確認する

スタッフ紹介においても、まずは、自サロンのブランドコンセプトを見直すことが大切です。ターゲットとして設定したお客様層に合わせて、どのようなサロンイメージを与え、どのような価値を感じてほしいのか……、この機会に再度確認しておきましょう。

ブランドコンセプトに沿ったスタッフ紹介文を 

ブランドコンセプトを意識するのは、エステサロンの内装や雰囲気だけではありません。スタッフ紹介文においても、ブランドコンセプトに沿って記載する必要があります。

たとえば、高級感をコンセプトに含むサロンであれば、フレンドリーすぎる言葉は避け、丁寧さを重視した語り口にする、アットホームな雰囲気のサロンであれば、スタッフの趣味など、人となりが伝わる内容を入れるといった、ターゲットとするお客様にふさわしい表現や内容にしましょう。

アピール文作成のポイント

スタッフ紹介は、お客様がさらっと読める分量が好ましく、できるだけ短文でまとめることが大切です。以下のポイントを参考に考えてみましょう。

・保有している資格

エステティシャンのスキルの高さを伝えるためにも、保有している資格の記載は必須。場合によっては、取得に向けて勉強中のものについて書き込むのもよいでしょう。

・得意とする施術

スタッフが得意とする施術も、サロンコンセプトを伝える良い材料。そのサロンがどんなメニューに特化しているのか、どの程度幅広い対応が可能なのかが伝わります。また、スタッフの個性として「癒しが得意」「効果を追求」といったポイントを入れ込んでおくと、サロンの特性として伝わります。ターゲット層のニーズに応える内容を考えてみましょう。

・これには詳しいという強み

美白、美肌といったメニューに直結するものだけではなく、美容情報、メイクアップ、ダイエットなど、興味があり、知識が豊富なジャンルについても記載します。スタッフの強みは、そのままサロンの強みとなり、お客様へのアピール効果があります。たとえば、「毛穴の悩みならば、おまかせください」といった内容で紹介文を結ぶとよいでしょう。

個々のスタッフの売り文句はオーナーがアピール

1804-5C_33000004972.jpg

エステティシャンの自己紹介だけにとどまらず、客観的なアピールポイントがあると、より信頼度の高い情報になります。たとえば、「リピート率No.1」「美容知識バツグン」など、人気力や技術力の高さについては、スタッフ自身がアピールするのではなく、サロン側からの意見として後押ししてみましょう。

技術力だけではなく、「素敵な笑顔」や「丁寧な接客」「聞き上手」といったポイントも、個々のスタッフが持つ大きな強みです。アルバイトや見習い期間のエステティシャンについても、上手にアピールしてさしあげましょう。

スタッフのやる気も引きだして一石二鳥

エステサロンのスタッフ紹介は、お客様に自サロンの良さを知ってもらい、親近感を持ってもらうひとつの方法です。同時に、スタッフの良いところを引きだし、文章にすることによって、スタッフたちのやる気を高める効果も期待できます。スタッフ紹介を自サロンのアピールの手段として、かしこく活用していきましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロン拡大のために!経営目標の設定方法とは
・個人サロンの魅力を伝えよう!他店と差をつけるためのエステメニューの作り方
・エステサロンの良さを出したい!集客効果の高いキャッチコピーの作り方

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事