複数利用は当たり前?エステティシャンの就活で使い分けたい転職支援サービスとは

エステティシャンの仕事を探すには、さまざまな方法があります。たとえば、身近な情報源として目につく求人広告やハローワークでの検索をはじめ、インターネット上に掲載される求人情報もあるでしょう。そしてもうひとつ見逃せないのが、エステティシャンに特化した転職支援サービスです。

転職支援サービスを行う企業は年々増えており、求人情報には掲載されないような隠れた内部情報を得られるといったメリットがあります。そのほか、転職フェアへの参加でも、より希望に近い職場を見つけるチャンスが広がります。自分らしく働ける場所を探すためにも、転職サイトや各種サービスを使い分けてみましょう。

エステティシャンの就職事情

1804-1C_10417001086.jpg

エステティシャンとして働く場合、就職までの道のりは大きく2つに分かれます。1つ目はスクールなどへ通学した後に就職するケースです。スクール卒業後の就職であれば、学校による就活支援があり、就職先を紹介されることもあるでしょう。そしてもう1つが、全く異なる分野で働いていた方が、未経験からエステサロン就職を目指す場合です。

どちらのケースであっても、より希望に近い就職先を探すためには、多くの求人案内をチェックしながらリストアップするしかありません。たとえスクールから就職先を紹介されたとしても、紹介先のサロンが自分の希望に添うとは限らないもの。求人情報を小まめにチェックしておけば、就職先が絞り込みやすくなります。

異業種からエステティシャンへ転職する場合は、業界知識の少なさから、企業の知名度やイメージに左右されがちです。複数の転職サイトをチェックしながら、仕事内容やキャリアの発展性などについて情報収集しておきましょう。

また、在職中の転職活動などで効率よく転職先を見つけたい場合には、プロフィールや希望条件を登録し企業からのスカウトを受け取る待ち受け型のサービスや転職アドバイザーのサポートを受けるのもよいでしょう。

エステティシャン志望におすすめの転職サービス

エステティシャンの仕事といっても、サロンのコンセプトや特化しているメニューによって、担当する業務内容は大きく変わります。同様に、専門性の高い転職サイトや転職支援サービスも、それぞれに特徴があり、得意とする分野が異なります。

自分自身が求める就職先を探すためにも、利用する転職サービスの特徴を理解し、上手に使い分けを行ってみましょう。各転職サービスについてまとめました。

・美容業専門の転職サイト

美容業専門の転職サイトは求人の掲載数が多く、専門家ならではの視点で勤務条件や業務内容を掲載しているのが大きな特徴です。カテゴリが細かく分かれているので、希望する分野の求人を検索しやすいというメリットがあります。逆に、美容業以外の情報は得られないため、業界以外の就職も視野に入れた転職を考えている方には不向きです。

・転職フェア

転職フェアは、1つの会場にいながら複数のサロンから話が聞ける合同説明会です。採用担当者に直接質問ができるため、疑問点や求人情報に書かれていない情報を得るのに役立ちます。ただし、フェアに参加するサロンは限られているため、転職先の候補となっているサロンが入っているかどうかなど、リサーチしたうえで参加するようにしましょう。

・転職エージェント

転職エージェントは、転職を支援してくれる専門アドバイザーです。転職エージェントへの報酬はエステティシャンを採用した企業が支払うので、求職者は無料で相談できます。サロンの雰囲気や内部情報などを確認できるだけでなく、面接時には同行してくれるサービスもあるため、初めての転職で不安を感じる方におすすめです。一方で、転職の目的や希望の勤務条件があいまいだと、候補が絞り込めず、転職までに時間がかかってしまうこともあります。

転職サービスを効率よく使い分けるには?

1804-1B_10161019419.jpg

転職活動期間が長引いてしまうと、モチベーションが下がり、転職先を妥協してしまうことにもなりかねません。短期間のうちに転職活動を成功させるためには、情報の収集と転職までのスケジュール管理が重要です。効率よく進めるためにも、求人サイトや転職支援サービスなど、複数のサービスを活用してみましょう。

ただし、それぞれの転職サービスは、転職活動の進み具合によって最適なサービスが異なるため、上手な使い分けを行う必要があります。

最初に、転職先の候補となるエステサロンを大まかに絞り込むために活用したいのが、転職フェアです。転職フェアには採用担当者だけではなく、現場で働くスタッフが参加している場合もあります。サロンの雰囲気を具体的に把握するため、積極的に質問するといいでしょう。

ある程度、候補を絞り込んだら、続いて転職サイトと人材紹介会社に登録してみましょう。転職サイトに掲載された求人情報を参考にしながら、転職エージェントに相談するのもよいでしょう。転職エージェントは非公開の求人案件も多く扱っているため、より希望に近い就職先を探すことも可能です。最終的に、どの支援サービスを使って応募してもかまいません。自分自身が納得できるサービスを選んで、上手に活用しましょう。

効率よく転職活動するには前もって自己分析すること

効率よく転職活動を成功させるコツは、前もって自分の希望条件を明確にしておくことです。エステティシャンの転職を支援するサービスはさまざまなものがありますが、条件があいまいなままだと、選択肢が多すぎて求職期間が長引いてしまいます。

まずは、どんなサロンに勤務したいのか、どんな業務を担当したいのか、どんな目的でエステティシャンになりたいのかなどを明確にするために、自己分析から始めてみましょう。そのうえで、より良い転職サービスを活用すれば、採用までの道のりが見えてきます。

❏あなたにおすすめの記事
・ダブルワークもOK?仕事をしながらエステティシャンを目指そう!
・エステサロンのアルバイトは未経験からでもOK?ダブルワークはできる?
・初めてのエステサロン就職。「未経験者OK」のエステサロンを選ぶ際のポイント

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事