お客様が集まるエステサロンの名前の付け方

サロン開業を考えるとき、悩むのがサロンの名前の付け方でしょう。「名は体を表す」というように、名前はその本質を示します。サロンの名前は、そのサロンのコンセプトやイメージをお客様に伝える大切な情報のひとつです。

なんとなく響きの良さだけで安易にサロン名を付けてしまうと、覚えにくい、読みづらいといった悪印象を与えてしまうこともあります。大切にしているコンセプトやサービス内容が伝わり、思い出してもらえるサロン名の付け方とともに、名付けの際に注意したいポイントをお伝えします。

提供する内容が伝わる名前にする

1712-1B_07900002828.jpg

サロン名を付けるときに大切なことは、名前を聞いて何をしている店かが分かること。つまり、集客まで意識したサロン名を考えることがとても大切です。

覚えやすく忘れにくい名前にするには、できるだけ分かりやすく、エステサロンのイメージにマッチしたものを選びましょう。サロンのコンセプトやターゲット層、提供するサービス内容を表す情報源として、慎重に考える必要があります。

例えば、エステ、美容を連想させるものとしては「ビューティー」「スパ」「美」といった表現がよく使われます。また、オールハンドにこだわったメニューを提供しているのであれば「タッチ」「ハンド」、アロマやハーブを用いた施術を行うサロンであれば「ラベンダー」「ミント」などの植物名を取り入れてみるのもよいでしょう。そのほか、アジアンエステでは「オリエンタル」や「術式の由来する地名」などを取り入れるサロンが多いようです。

一方で、長いサロン名を短縮してアルファベットの頭文字だけにしたり、オーナーの名前をそのままサロン名にしたりする方法もありますが、よほどの有名店・有名オーナーでないとイメージしづらいものです。他店との差別化を意識したとしても、何をしている店なのかが伝わりづらいと、集客にはつながりにくいといえるでしょう。

伝えきれない内容はサブネームを付ける

サロン名にコンセプトやメニューまで多くの情報を詰め込むと、長くなり過ぎることもあるでしょう。そんなときは、サブネームを付ける方法があります。屋号となるサロン名とは別に、キャッチコピーにもなるネーミングを考えてみましょう。ここでも、コンセプトやターゲットからイメージを膨らませて候補を考えます。

例えば、隠れ家をコンセプトにしているのであれば「プライベートサロン」、ターゲット層を意識した「働く女性のためのエステサロン」、サービス内容から「フェイシャルサロン」「骨盤エステ」「セルライトケア」といったサブネームをプラスします。そのほか、地名から「表参道」「自由が丘」といった場所を示すキーワードを入れるのもよいでしょう。

近年では、利用するサロンをインターネットで探したり、予約サイトを経由したりするお客様が増えています。サロンのホームページにも多く記載することになるサロン名やサブネームは、検索エンジンからの集客を意識する際にも役立ちます。SEO対策も考慮するなら、「フェイシャル」「表参道」などの検索キーワードを入れると効果的です。

サロンの名前のNGパターン

サロン名の候補をいくつか挙げてみたあとは、逆にどんな名前のサロンだと印象が悪くなってしまうのかを考えてみましょう。

例えば、読みにくい、覚えにくい、なじみがない単語の使用はできるだけ避けたいところです。「おしゃれ」だからと安易に横文字を使用してしまうのも考えもの。あまりなじみのない外国語を取り入れたものや、耳慣れない、発音しにくい単語を使ったサロン名は、お客様にとって覚えづらく、イメージしにくい傾向にあります。

スタッフを雇い入れる場合にも、スタッフが発音しづらいサロン名だと、電話口での対応に戸惑いを与えてしまいます。その単語を選んだ想いがあるとしても、同時に、発音のしやすさ、聞こえやすさまで確認しておきましょう。考えた名前は実際に口に出して、繰り返し唱えてみるのもよいでしょう。

また、外国語の場合には、ひとつの単語のスペルが長くなると、インターネットで検索する際に入力しづらいという欠点もあります。お客様にとっても、つづりや読みを間違えやすく、サロンのページにたどりつけないということも起こるでしょう。どうしても横文字でサロン名を付ける場合には、外国語であってもカタカナ表記を併用するといった工夫が必要です。

同時に、ロゴに使用するフォントによって、読み取りやすいかどうかも異なります。筆記体を使ったサロンロゴはデザイン性が高くても、読み取れなければ認知度は下がります。客観的な見た目も確認しましょう。

ほかのサロンで使われていないか確認する

1712-1C_10179012108.jpg

ある程度、サロン名の候補が絞れてきたら、最後に、同じ名前のサロンがないか、商標登録されているものでないかを確認してみましょう。

まずは試しに、検索サイトを使って、サロンを開業する地域内や近隣の同業者の状況をチェックします。「△△区 〇〇(サロン名)」「エステ 〇〇(サロン名)」「〇〇(サロン名)」などと検索し、おおよその状況を確認しましょう。

同じ名前の店が2つ以上あれば、新規開業するサロンの方が不利になります。場合によっては新しいサロンのイメージダウンにつながることもあるでしょう。「同じ発音だけど、異なる漢字を使っているサロン」「同じ単語を使っているがカタカナとローマ字で表記が違う」といった、表記と響きの類似性にも注意が必要です。

同業他社はもちろん、業種が異なる場合も名前が重複しないに越したことはありません。異業種からエステ事業に進出してくる可能性もあり、どうしてもすでに認知されている店舗のイメージが付きまといます。例えば、「美」を使ったネーミングには、同じく美容業界に位置する美容室やネイルサロンなどにも多く見られます。また、アロマを意識した場合、ハーブの名前から取った屋号で展開する料理教室や飲食店があり、「オールハンド」という表現を使った医療や介護サービスも見られます。

また、検索エンジンからの集客の際、SEO対策を考えたときもデメリットがあります。すでにある名前は以前から検索された回数が多いため、必然的に新規店は既存店より上位に表示されにくく、不利になります。さらに見落としがちなのが、エリアや対象が異なる場合です。特に、すでに複数店舗を展開しているようなところであれば、近所に移転してくることも考えられます。

例えば、女性向けボディエステを提供するあなたのサロンと同じエリアに「男性向け脱毛サロン」が移転して来ないとも限りません。「△△区 エステ 〇〇(サロン名)」のように検索したときに、検索順位が下がり、なおかつイメージが崩れてしまうリスクをはらんでいます。

商標調査・商標登録で大切なサロン名を守る

サロンの名前を決めるときには「商標登録」を行いましょう。商標とは、「事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)」と定義されています。サロン名やサロンのロゴも商標のひとつ。

同じサロン名がすでに商標登録(®)済みのものや、商標申請中の場合、新規での使用は法律に抵触してしまう場合があり、商標権侵害と見なされてしまうことはあります。事前にチェックしておかないと、せっかくサロン経営が軌道に乗っても、サロン名が突然使用できなくなってしまうことになりかねません。

まずは、候補となるサロン名が商標登録されていないかを確認しておきましょう。また、サロン名が確定したあとも商標登録しておくことで、他店から使用されるリスクを避けることができます。

インターネット検索をしても、ホームページを持たないサロンや検索上位に挙がらないサロンも多数あります。全国にあるエステサロンや、異業種店舗と名前が重複しないように、「簡易インターネット調査」を利用してみましょう。「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」の運営する「特許情報プラットフォーム」のサイトでは、登録されている商標の簡易検索を無料で利用できます。

ずっと付き合っていくものだからこそ納得のいく名前を

サロン名はずっと付き合っていくもの。オーナー自身が納得する名前にすることが一番ですが、長い目で見て、客観的な視点も大切です。サロン名候補が挙がったら、実際にターゲットとなる人たちにコンセプトと一致しているかヒアリングしましょう。出会いたいお客様と長くご縁をつなげていくために、自分自身も納得のいく名前を付けたいものです。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロンの開業前にこれだけは押さえておきたい、成功させるためのポイント!
・開業時に活用したい広告メディアはどれ?エステサロン広告費の目安を把握しよう
・エステサロンの魅力を伝えるパンフレットのデザインとは?

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事