エステティシャンになりたい理由は?「志望動機」には何に気を付ける?

エステティシャンとしてサロンに応募するとき、面接で聞かれるのが志望動機です。エステティシャンになりたいという思いがあっても、きちんと自己PRできなければ、残念ながら相手に伝わりません。「エステティシャンとして働きたい」という思いを上手に伝えるポイントを押さえておきましょう。

サロンのコンセプトを踏まえた志望動機を伝えよう

1707-8B_10161018338.jpg

就職面接は、サロンと志望者がお見合いをするようなもの。採用前の面接は「よりよい人材を採用するため」に行われ、志望者にとっては、サロンが求める人物像にいかにマッチしているかをアピールする場となります。

相手によい印象を与えるためにも、まずは自分がどのようなエステティシャンになりたいかを明確にしておきましょう。そのうえで、サロンがどのような人物を求めているかを分析し把握することが大切です。

なぜ、そのサロンを選んだかという理由として、これまでの経験や実績からサロンに貢献できることを伝えましょう。前職で得られたスキルなどをコンパクトにまとめることで、より簡潔にポイントを絞ったアピールができるはずです。異業種であっても、過去の仕事への取り組みからサロンにとって戦力となるかどうか、成長幅があるかどうかを見極めてもらえるでしょう。

前職とサロンの客層が重なっているのであれば、お客様のニーズを知っていて、スムーズなコミュニケーションができる新人として考慮されるかもしれません。前職で得た知識やスキルをもとに、集客のテクニックを紹介したり、お客様へのサービスプランを提案したりすることで、向上心を示してもよいでしょう。

スクールを出ているのであれば、そこで何を学んだのかをきちんと伝えること。ひと口にエステティックといっても、「リラックス/美肌」「オールハンド/エステ機器」「ラグジュアリー/アットホーム」など、さまざまな目的や技術、コンセプトがあります。スクールで興味を持って学んできたこととサロンのコンセプトが重なるのであれば、そのことを伝えることでサロンへの共感を表現しやすいでしょう。

サービス業の経験があれば、必ずアピールしよう

1707-8C_19387715.jpg

エステティシャンとして施術の経験がなくても、接客業のスキルがあることはアピールポイントになります。学生時代のアルバイトであっても、サービス業に関わった経験があれば必ず伝えましょう。特に、未経験からエステサロンに就職を希望する場合、それまでの経験をエステの仕事と関連づけてアピールすることが大切です。エステティシャンの仕事を理解したうえで、生かせる経験がないか考えてみましょう。

店舗での接客経験があれば、それだけでお客様とのコミュニケーションスキルがあることを伝えられるはずです。サービス業の経験がなくても、シフト勤務であっても自己管理ができることや、健康であること、食事や運動など健康づくりの習慣があることなどもアピールの材料となります。

もちろん、普段の美容ケアやこれまで実践してきたメイクテクニックなどを伝えるのもよいでしょう。エステティシャンの仕事は体力勝負になることもあり、体力のあることや健康管理ができていることも必要な資質といえます。

過去の仕事で信頼を得たエピソードや接客業の経験、体力への自信、シフト制への慣れなど、エステティシャンとしての働き方に役立つ経験やスキルを持っていることを具体的に伝えてみましょう。

エステサロン面接にあたっての心構え

1802-6C_10568002977.jpg

志望動機をしっかりとまとめたら、次は、面接当日の準備を行いましょう。どんなにすばらしい志望動機だったとしても、当日の印象が悪ければ、よい結果にはつながりません。

面接合格を目指すためには、面接時間5分前には到着するといった一般的な心構えに加え、サロンスタッフにふさわしいメイク法や服装を選ぶ必要があります。志望動機だけでなく、どんな質問にも笑顔で答えられるような下準備も欠かせません。就職前の面接に向けて、合格につながるポイントも確認しておきましょう。詳しくはこちら→
エステサロンの面接合格のポイント、準備しておくことは?

「未経験者OK」のエステサロン志望の場合に知っておきたいこと

1802-6A_33000002600.jpg

はじめてのエステサロン就職ともなれば、面接で緊張するのは当然のこと。特に、他業種からの転職を考えているのであれば、なおさら不安を感じる方も多いことでしょう。サロンによって、未経験者の募集を行っているところもあり、専門職でありながら、未経験でも就職しやすい点もエステ業界の特徴です。

とはいえ、実際に未経験から就職面接を受けるのであれば、経験がない分、他のポイントでアピールする必要があります。例えば、エステサロンはサービス業の一種であり、接客業としての経験は大きなポイントになります。サロン業務は未経験であっても、これまで働いてきた経験を伝えたり、新卒であれば学校で学んだことをまとめたりして、自分ならではのアピールポイントを考えておきましょう。

もし、未経験からの就職に不安を感じるようであれば、就職した場合のメリットやデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。実際に働く様子をイメージすることで、モチベーションアップに役立ちます。未経験者から働けるサロン選びに悩む方には、こちらの記事がおすすめです→
初めてのエステサロン就職。「未経験者OK」のエステサロンを選ぶ際のポイント

将来像を明確にし、強い意欲を表現しよう

エステティシャン未経験からの応募は、経験やスキルのなさに不安を覚えることもあるでしょう。しかし、サロン側が未経験者を募集する理由は、そのサロンにあった人材を育てることを意識しているのであって、明確な将来像や思いがあれば、過去の経験やスキルは関係ありません。

だからこそ、エステティシャンを目指す動機として、自分自身が持つ魅力をアピールする必要があります。美意識の高さや、店長や独立開業など将来の展望、資格取得やスクールで学んだことを生かしたいといった思いをまとめてみましょう。

今は知識や技術が未熟でも、就職先への明確な理由や強い意欲があれば成長が期待できるため、サロンは採用を検討してくれるはず。美への強い関心あることだけでも、大きな魅力になるのです。美容に関する仕事が好きである以上の強みはありません。強い思いは、仕事への継続意欲につながり、将来活躍してくれることを期待されることでしょう。「だからここでエステティシャンとして働きたい」という、サロンやエステティシャンへの思いを自分の言葉で表現することが大切です。

エステに生かせる自身の経験や思いを大切に

1802-6B_10622000884.jpg

エステティック業界への就職は、異業種からの転職者も多いのが特徴です。エステティシャンを目指すきっかけや思いを大切にして、自身の持つ魅力を十分に伝えられるようしっかりまとめてみましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロンのアルバイトは未経験からでもOK?ダブルワークはできる?
・そもそもエステティシャンってどんなことをするの?仕事の内容は?
・ダブルワークもOK?仕事をしながらエステティシャンを目指そう!

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事