美のスペシャリスト、エステティシャンとして自立した女性を目指そう!

出産、育児などのライフステージが待つ女性にとって、結婚後も長く働き続けることは難しいと考える人も少なくありません。しかし、収入を確保し社会とつながりをもつためには、長く働きたいと考えるのは当然のこと。主婦起業が注目される昨今、若いうちから手に職をつけて自立したいと考える女性は多いことでしょう。

そうした女性に検討してほしいのが「エステティシャン」という職業です。美の専門家というイメージの良さだけではなく、実は働きやすさや独立のしやすさといった多くのメリットがあります。今回は、女性の自立につながるエステティシャンの魅力、働き方についてお伝えします。 

手に職がつけられるエステティシャンの魅力

1705-7B_29841342.jpg

エステティシャンの仕事は、専門的な知識さえあれば、年齢に関係なく働けます。また、未経験でもスタートでき、資格を取得する場合でも働きながらキャリアアップすることが可能です。就職に対する心理的ハードルが低く、いつでもスタートできるのがエステティシャンの魅力なのです。

就職後、美容に関する専門的な知識や技術を身に付けることで、自身もきれいになれるというメリットもあります。エステティシャンに国家資格はなく、民間団体による認定資格はありますが必須ではありません。

しかし、資格を取得することで、より専門的な知識が身につくのは確かです。資格を取っておくと、就職、転職、独立開業の際に役に立ちます。経験を積むことで「手に職をつけられる」代表的な仕事の一つであるといえるでしょう。

他業種からの転職、未経験OK

一般的には、新卒採用が歓迎され、中途採用ならばそれまでの経験が重視されますが、エステ業界は例外かもしれません。求人広告を見ても、未経験OKのところが多いことからわかるように、他業種からの転職も難しくありません。

エステティシャンになるために必要なのは、なにより「やる気」と「熱意」でしょう。女性が憧れる美容業界だからこそ、自分自身の体験が生かせ、お客様を喜ばせることができます。努力次第で、自分のサロンを持つことも夢ではありません。

自分の生き方に合わせて働き方が選べる

エステティシャンの職場は、女性が多いだけあって、働き方もさまざまです。正社員としてフルタイムでしっかり働くことはもちろん、派遣やアルバイトとして働くことも可能です。家事や育児との兼ね合いで、週に数時間だけ働く、パートタイム制を設けるエステサロンも多くあります。たとえ、産休や育休を取ったとしても、身に付けた技術はいつでも生かせるので、子育て後の復帰を検討できます。

また、今は別の仕事をしていても、副業可能な企業であれば、ダブルワークとして土日だけの働き方もできます。スクールに通いながら、夜や週末はサロンで経験を積んだり、独立開業の準備を進めたりするのもよいでしょう。

独立開業がしやすい

エステティシャン、そしてエステティシャンを目指す人のなかには、独立開業を最終目的に考えている人も多いのではないでしょうか。自分が思い描くイメージのサロンをつくる、自分の技術と知識で、お客様に美や癒しを提供する喜び…。自立志向を持つ女性にとっては、やりがいのある理想のキャリアといえるかもしれません。

エステティシャンは、飲食業などと比較して少ない費用で開業ができ、自宅の一部を利用してサロンを開くことも可能なため、独立開業がしやすい職種でもあります。店舗を持たず、レンタルサロンやお客様宅へ出張する訪問エステのようなスタイルも選べます。さまざまなかたちで開業できるのもエステティシャンならではといえるかもしれません。就職時に、独立支援制度を持つサロンを選べば、開業時にサポートを受けられることがありますので、覚えておきましょう。

常に新しい美容情報を得られる仕事として

1705-7A_33000004041.jpg

女性の仕事としてエステティシャンが脚光を浴びている理由には、美の最先端にある職業のひとつであることがあげられます。美への関心が高まるため、お客様に喜んでいただくだけでなく、自分自身もいつも美しく、いきいきと働くことができるのも魅力といえます。

美容に関する研究や技術の進歩により、常に新しい情報が流れて、エステの世界は奥深いものです。最先端の美容情報をフォローしながら、自ら実践し、お客様と喜びを共有できるのも、エステティシャンとして働く大きな魅力といえるでしょう。

女性の美への追求は永遠のもの

時代の流れとともに、トレンドは変わっていきますが、女性の美への追求がなくなることはありません。エステティシャンの仕事は、たとえ方法や手段が変わっても、完全に消えてしまうことはないでしょう。

やる気と熱意さえあれば、だれでもスタートできるエステティシャンの仕事は、自立を目指す女性にとって、理想的な職業のひとつといえるのではないでしょうか。

❏あなたにおすすめの記事
独立開業?エステサロン勤務?自分に合った働き方の選択
将来は大丈夫?結婚後も続けられるエステティシャンになる方法
エステのお仕事には資格が必要?知っておきたい資格のこと

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事