エステティシャンのお給料ってどのくらい?固定給と歩合制の違いとは

憧れの職業「エステティシャン」を長く続けていくためにも、どの程度の収入になるのかは知っておきたいところです。とはいえ、サロンによって給与体系が異なり、働き方によっても毎月のお給料は変わります。エステティシャンを目指すなかで、あらためてその仕事内容や平均的な給与額を確認しながら、自分に合った勤務先や働き方を考えてみましょう。

エステティシャンのお給料はいくらくらい?

1710-4C_28384282_M.jpg

エステティシャンのお給料は、サロンによって異なります。サロンの給与体系には、固定給や歩合制などがあり、年齢が上がるにつれて昇給するところもあります。同じサロン勤務でも、店長を目指してキャリアアップを目指す方もいれば、子育てのために短時間でもパートタイムで働きたいという方もいることでしょう。ライフスタイルを重視するのか、収入を重視するのかによっても、勤務先選びが変わってきます。詳しい給与体系の違いについては後述するとして、まずは一般的なサロン勤務を参考として、平均的な月収、年収について見ていきましょう。

エステティシャンの平均的な給与額

まず、正社員として働くエステティシャンの初任給は月給の場合、18万円程度が平均的。20代では、月収18~20万円程度、年収にして250万前後程度。ベテランとして働く30代では、月収にして22~24万円程度、年収にして300~400万円前後が多いようです。40代になるとマネージャー職での雇用が主となりますが、月収や年収は30代とそれほど変わらないのがほとんどだとか。

また、サロンによっては販売等によって歩合給が入るところがあります。ボーナスもサロンによってさまざまな制度が設けられており、一定ではありません。こうした給与面での情報は、求人情報には載っていない場合もあるので、気になる点については、面接時にきちんと確認しておきましょう。

エステサロン勤務時の給与体系~固定給と歩合制の違い~

上述したように、エステサロンには大きく分けて、固定給と歩合制という2つの給与体系があります。

月々決まった額の給与が支払われる固定給と違い、歩合制は売り上げの一部を給与として受け取る働き方です。勤務先が設定する歩合率に合わせて、売り上げに応じて給与が払われるという仕組みになります。固定給と大きく異なるのは、努力次第で収入を大きく増やせること。また、歩合制の場合、予約が入っているときだけ就業すればよいケースが多いので、ライフスタイルに合わせた働き方がしやすいというメリットがあります。

歩合制を取り入れる勤務先によっては、毎月一定の基本給に加えて歩合をつけるサロンや、完全歩合制として給与のすべてを歩合によって支払うところがあり、歩合率も勤務先によって異なります。

時間に縛られない働き方も可能!歩合制のメリットとは

1703-05A_10827000283.jpg

一般的な企業にも多い固定給の制度はイメージしやすいものの、歩合制については聞きなれず、分かりづらいと感じる方も多いことでしょう。安定した収入が見込める固定給と違い、歩合制での働き方は収入に波が出やすいのも事実です。その一方で、歩合制にはさまざまなメリットがあります。

キャリアを中断させないライフスタイル重視の働き方

歩合制の魅力は、何といっても時間の自由度が高いこと。フルタイムでの勤務が難しい場合でも、予約が入ったときだけ出勤するといった働き方ができるため、無理なく家庭や子育てとの両立が可能です。

歩合制で可能な時間だけ働くことができれば、収入が得られるだけでなくエステティシャンとしてのキャリアを継続させやすくなります。結婚をして子どもができても、スキルを磨き続けられる場所を確保することで、エステティシャンとしてのキャリアも蓄積できます。日進月歩の美容業界で、一日短時間であっても最新の技術に触れることができれば、子育てが終わったあと、フルタイム勤務を希望するときの安心材料にもなることでしょう。

歩合制なら働きに応じた収入が得られる

固定給と比べ、働いた分だけ収入になる歩合制では、仕事がなければ収入減の可能性もあります。しかし、一方では、働けば働くほど評価され、収入につながるのは大きな利点といえるでしょう。サロンの売り上げに貢献することができるため、なくてはならない存在として自信を持って働くことにもつながります。固定給を超える金額になることもあり、働き方次第で収入額が増えていくのも歩合制の大きな特徴といえるでしょう。ライフスタイルを重視しながらも、日によって異なる空いた時間を十分に活用すれば、短時間であっても収入につながるというメリットもあります。

働くモチベーションが維持しやすい

エステティシャンとして仕事を続けるには、スキルを高めながら働くモチベーションを高く持ち続けることが大切です。固定給でもやりがいを感じることはできますが、待遇面で安定している反面、仕事に対するモチベーションを高めにくいこともあるでしょう。

将来的な独立開業を考えている方ならなおさら、自分の働きがきちんと評価される歩合制であれば、働く目的をより見出しやすくなります。自由な時間が確保できるため、空いた時間を使って技術力を高めたり、経営に関する知識を身に付けたりと、今後の目的に合わせた活動が可能です。子育てや結婚といったライフステージの変化があっても、エステティシャンの仕事を続けるうちに指名客がつき、リピート客を多数獲得できるようになれば、将来的に開業できる可能性も高まることでしょう。

歩合制で勤務できるサロンのなかには、独立開業をサポートする制度を取り入れているところがあり、自由な働き方を維持しながら開業資金を蓄え、さらには開業時から経営時まで細やかな支援が受けられる仕組みもあります。このような制度を利用すれば、子育てをしながらでもサロン開業という夢に近づくことができます。

エステティシャンの仕事内容

1710-4B_25217875_M.jpg

実際にエステティシャンとして働く姿をイメージするために、仕事内容もきちんと理解しておきたいところ。具体的な仕事内容に合わせて、やりがいを感じるポイントを確認しましょう。2つの給与体系に共通するエステティシャンの基本業務とともに、固定給、歩合制それぞれの働き方について、一日の仕事の流れを見ていきましょう。

エステティシャンの基本業務とは

給与体系の違いがあっても、基本的なエステティシャンの業務は同じです。お客様への施術はもちろんのこと、前後のカウンセリングやアフターフォロー、ホームケアに関するアドバイスなどを行います。そのほか、サロン内の清掃や備品の管理、お客様からの予約受付など多岐にわたり、スタッフの人数やその日の状況によって仕事が割り振られることになります。サービス業のひとつとして、技術力だけでなく、接客力やコミュニケーション力が問われる仕事です。

勤務形態によって異なる一日の働き方

エステティシャンの一般的な仕事の流れは、清掃や備品の確認といった開店準備から、カウンセリングや施術といった接客、終了後には片付けや売り上げの報告などがあります。

固定給となるフルタイムでの仕事は、勤務時間が決まっており、営業開始から閉店までの業務があるところもあれば、時間や役割を決めたシフト制の場合もあります。朝晩でのシフト交代がある場合、朝の出勤であれば清掃や施術に必要な備品の準備などがあり、夜勤では閉店後の片付けや売上計算、翌日の予約内容の確認といった業務があるでしょう。引継ぎが必要なお客様がいれば、個別の情報をまとめるといったサロン運営に関する仕事も加わります。シフト交代がない場合でも、それぞれに役割を決めて、清掃や売上管理などを担当する場合がほとんどです。

一方で、歩合制の場合のほとんどは、予約があるときだけの出勤です。お客様の予約時間に合わせて1~2時間前に出勤し、施術に向けて準備を整えます。新規のお客様であればカウンセリングの時間が長引くこともあるため、余裕を持って出勤することが多いでしょう。施術が終わったら、使用したスペースとともに、トイレや洗面台などを清掃し、次のお客様に備えます。場合によっては、在庫管理のために予約時以外の出勤が必要になることもありますが、基本的にお客様の予約状況と自身のライフスタイルに合わせることが可能です。また、基本的に指名制となるため、いつも同じお客様を担当することになり、引継ぎ等の業務が少ない傾向にあります。同じ歩合制であっても、フルタイムでサロンに滞在することも可能で、予約のない日でも研修を受けたり、お客様への再来を促す連絡をしたりと、やる気に合わせて仕事の量が変わります。

スキルアップをすれば収入的にも満足できる

1710-4A_25254826_M.jpg

エステティシャンの仕事は、指名制になることも多く、スキルアップによって収入の増加が期待できます。特に歩合制では、技術力の高いエステティシャンほど指名が付きやすく、収入に直結します。身に付けたスキルは生涯にわたって有益なものになり、独立開業時にも大きな強みとなることでしょう。

常に勉強と実践を重ねることが大切

では、具体的にスキルアップを行うためにはどうすればよいのでしょうか?

専門的な知識を身に付けるためには、美容や健康に関連する書籍を読んだり、インターネットを使って調べたりするのもよいでしょう。しかし、そうした情報は少し遅れて発信されるため、最新の情報を得るためには、エステスクールや化粧品メーカーが開催する勉強会に参加するのがおすすめです。技術面についても、実際に実技を行いながら学べる機会を増やしましょう。気になる講座があれば積極的に参加し、知識と実技の両面でスキルアップを図るのがポイントです。

また、カウンセリング技術に欠かせないコミュニケーション力も、エステティシャンに求められるスキルのひとつになります。美容のプロとして総合的な力を磨けば、フリーランスのエステティシャンとして働いたり、独立したりするチャンスも増えることでしょう。

サロン内の研修を利用しよう

サロンが開催する研修への参加は、スキルアップの大きなチャンスです。勤務先のコンセプトに合った内容が学べるため、働きながらすぐにでも活用できます。専門の研修施設が設置されていれば、より本格的な技術が取得できます。同僚や先輩たちと意見を交わしながら、実践的な技術を学んだり、疑問点を解消したりすることで、自分の成長が見えてくるはずです。資格取得制度のあるサロンであれば、新たな資格を取得しながら、自身のキャリアアップに役立てましょう。

独立開業すると収入が増える?

1710-4C_28384282_M.jpg

最初はサロンスタッフとして働いていても、ある程度経験を積んだエステティシャンは、転職や独立などを考えることも少なくないようです。どんなに理想に近い職場であっても、自分らしい働き方や自分だけのサロンスタイルをつくりたいと考えたら、独立を考えるのも当然かもしれません。とはいえ、気になるのは、独立後の収入の変化です。

エステティシャンとして独立した場合、平均的な年収は500万程度というデータがあります。以前に勤めていたサロンからお客様が流れてくる場合には、600万円以上が見込めることもあります。

ただし、サロンをオープンすれば、収入アップは見込めるものの、開業時に必要な費用をはじめ、軌道にのせるまでの資金が必要です。家賃や人件費、光熱費などの必要経費も大きく、コストバランスによって手元に残る金額が大きく変わります。

オーナーとしての経営力が求められる

独立開業を考える場合、資金以外の大きな課題となるのが経営力です。エステティシャンとしてのスキルが認められたとしても、オーナーとしての資質があるとは限りません。サロンを開業することはできても、長期的に安定した経営ができなければ、収入を維持するのが難しくなります。開業後には、集客をはじめ、キャンペーンのプランニングや収益の増加に向けた対策など、経営者としての業務も増えることでしょう。施術をするのは好きだけど、事務仕事が苦手だったり、集客に戸惑ったりするようであれば、サロン運営にも不安が残ります。事務をサポートしてくれる専門家を頼ったり、自身はオーナーに徹して信頼できるスタッフを雇ったりするなど、経営におけるスキルも磨きながら、独立の準備を進めましょう。

独立に至るまでには、運営に関わるさまざまな業務を学ぶことも大切です。その分、独立後には働く時間やメニュー内容などを自由に設定しながら、自分が求める理想のサロン像に近づいていく姿は大きな喜びとなることでしょう。

一時の給与で換算できない一生ものの専門職

働き方によって給与の差があるものの、どんな場合でも忘れてはいけないのが、お客様を幸せにする職業であるということ。エステティシャンのスキルは一生ものです。出産や育児で一度お休みをしても、比較的仕事を再開しやすい職業といえます。

固定給であれ歩合制であれ、働き方は人それぞれ。多くの人に喜ばれるエステの技術は、お給料だけでない職業的な魅力があるといえるのではないでしょうか。

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロンのアルバイトは未経験からでもOK?ダブルワークはできる?
・なりたい気持ちが原点!エステティシャンのやりがいとは
・エステティシャンの求人はある?自分に合うエステサロンに就職するには?

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事