初めてのエステサロン就職。「未経験者OK」のエステサロンを選ぶ際のポイント

エステサロンの求人情報のなかには、「未経験者歓迎」「業界未経験・第2新卒歓迎」「未経験・フリーター歓迎」といったコメントが書かれていることがあります。未経験でも就職しやすいサロンが多いのはエステ業界の特徴といえるかもしれません。とはいえ、実際に未経験から働くとなると、何かと不安を感じる方もいるでしょう。

今回は、未経験でエステサロンに就職するメリットとデメリットを考えながら、未経験者OKのサロンを選ぶポイントをお伝えします。

未経験から就職するメリット

1703-02A_10367005046.jpg

エステティシャンの資格は民間のものであり、美容師のような国家資格がなくても働くことは可能です。とはいえ、美容に関する専門的な知識が求められるエステティシャンの仕事が、未経験から始められるのかは気になるところ。一方で、未経験だからこそ得られるメリットもあります。大きく3つのポイントを見てみましょう。

働きながら知識や技術を身につけることができる

エステティシャンとしての知識を身につけるために、スクールに通うことを検討する方は多いかもしれません。スクールは短期から長期の通学もしくは通信教育、またさまざまなコースがあり、どんなスクールを選べばよいか悩みがちです。

近くに適当なスクールがない場合や、時間的、金銭的にスクールに通うのは難しいという場合もあるでしょう。未経験OKのエステサロンであれば、就職することで、現場で知識や技術を身につけることができます。

大手エステサロンや、化粧品メーカーのエステサロンなどの場合、無料で独自の教育システムが受けられることもあります。収入を得ながら勉強することができるという点が一番のメリットといえるかもしれません。

すぐに実践経験を積むことができる

エステの施術は、実際の経験から学ぶことが多いものです。未経験でもサロンへ就職することで、現場で実践経験を積みながら、スキルを向上させることができます。

希望する分野のエステが学べる

エステサロンとひと言でいっても、その内容はさまざま。フェイシャルケアのプロになりたい、アロマセラピーを用いた癒やしのプロになりたいなど、希望する分野や技術がある場合には、それらに特化したエステサロンに就職するのが一番の近道。その分野のサロンならではのスキルを実践で学ぶことができます。

就職してからのデメリットは?

1803-9B_33000004943.jpg

では、未経験からの就職で考えられるデメリットはあるのでしょうか?

短期間で技術や知識を習得しなければならない

未経験からとはいえ、現場に出ればプロとしての立ち居振る舞いを求められます。そのためには、サロンの雰囲気を理解しつつ、施術の技術や知識、接客方法などを、短期間のうちに集中して身につけることが必要です。最初は覚えなければならないことが多く、プレッシャーに感じてしまうこともあるかもしれません。

資格を取得したい人は、働きながらの受験に

エステティシャンとして長く働き続けるために、資格の取得を考えている人もいるでしょう。

例えば、日本エステティック協会が認定する資格のなかには、「エステティシャンセンター試験に合格している者」、「協会認定校での300時間課程の修了、または実務経験3年以上を有する者」という2つの条件が定められているものがあります。未経験者の場合は技術試験とマークシートのセンター試験を受けることが必要です。働きながら自宅学習を行うことになるため、厳しい時間の管理も必要になるでしょう。

他業種からの転職経験が生かせるエステ業界

1803-9A_33000001767.jpg

未経験OKと書かれていても、他業種からの転職には不安がつきもの。しかし、エステサロンもサービス業の一種であり、接客力が求められます。

また、化粧品販売に関する営業に関わる一面もあります。以前に、接客や販売に携わった経験があれば、面接時のアピールポイントにもなるでしょう。エステ業界での勤務が未経験であっても、自分の強みを生かした働き方でキャリアアップを目指すことができます。

エステサロンを選ぶ際のチェックポイント

未経験からスタートして、現場で経験しながら技術を身につけたい人にとって、未経験者OKのエステサロンは魅力的でしょう。では、多くのサロンが「未経験者OK」を掲げるなかで、どんなサロンを選べばよいのでしょうか?

研修制度が充実しているところを選ぼう

エステサロンの求人情報でチェックしたいのは、「研修」に関する内容です。サロン内で独自に研修を行うところや、資格取得までのサポートを行うことを提示しているところを選んでみましょう。なかには、1ヵ月間で150時間に及ぶ研修があり、そのあと協会認定の資格取得ができた方から店舗に配属、というエステサロンもあります。

そのほか、技術だけではなく、皮膚科学や化粧品についての理論、接客マナーなどの研修を行ったり、受験費用の補助があったりと、サロンによって条件が異なります。研修中にきちんと給与が発生するかどうかも確認すべきポイントでしょう。

キャリアアップが可能なところを選ぼう

資格を取り、実力がついてきても、待遇が未経験者扱いのままではモチベーションも低下してしまいます。長期的な目線で、キャリアアップが可能なエステサロンかどうかも大切なチェックポイントです。

未経験では、アルバイトやパートからスタートになることもあります。研修後や資格取得後には正社員として登用してもらえるのか、未経験からスタートした先輩たちが今どのような待遇を受けているのかなどについて確認してみましょう。

「ブラック」なところを避けるには?

エステサロンに限らず、就職先を探すにあたって、やっぱり気になるのが、「ブラック企業」の存在。就職が決まっても、勤務内容や就労条件が合わなければ、長く続けることはできません。

ブラック企業とは?

ニュースや新聞でもブラック企業についての話題が取り上げられますが、「ブラック企業」の定義は明確ではありません。しかし、厚生労働省では以下のような項目をブラック企業の特徴として挙げています。

・極端に重いノルマや長時間の労働が課される。

・賃金が発生しないいわゆる「サービス残業」があったり、パワーハラスメントを受けたりする。

・上記のような状況に加えて、従業員が過度の選別を受ける。

求人情報からもわかるブラック企業の見分け方

求職側としては、実際に働きはじめる前にサロンがブラック企業かどうか見極めたいところです。しかし残念ながら、完璧な判別方法というものはありません。一般的にブラック企業が疑われるようなサインとして挙げられるのが、以下のようなポイントです。

・求人広告に載せられている年収や給与の幅が大きい。

・面接時に、労働時間や時間外労働といった労働条件に関する説明があいまいであったり、質問に対して答えをにごされたりする。

・労働雇用契約書が発行されない。

・試用期間が非常に長い。

実際に面接を受けてみたものの、労働条件に見合わない点や不透明な部分があるようであれば、辞退を決断するのも大切です。さまざまな視点から総合的に考えて判断しましょう。

「未経験でもOK」は大きなチャンス

1703-02C_33000000706.jpg

一般的には即戦力になる経験者が求められることが多いなか、未経験からでも始められるエステ業界は、やる気のある人にとって大きなチャンスが与えられる場所。働きながらスキルを習得、向上できるエステ業界のメリットを十分に生かしながら、お客様に喜ばれるエステティシャンを目指したいところです。研修制度やフォローアップが充実した就職先を選べば、将来的な独立開業への道も開けるはず。

エステティシャンとしてのキャリアをつくりあげていくためにも、就職先となるエステサロンはよく考えて探しましょう。

❏あなたにおすすめの記事
・エステの勉強はどうしたらいい?エステスクールで学べること
・未経験のエステティシャンなら知っておくべき4つの心得
・イメージだけでは失敗する?本当にエステティシャンに向いている人の特徴とは 

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事