エステ開業までに揃えておきたい備品・化粧品の選び方

開業に向けてエステ用品を揃えるのに悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか? 限られた予算のなかで、最低限必要なものは揃えつつ、使用感や価格に納得のいくものを選びたいところ。今回は、開業を目指す人に向けて、サロンに必要なエステ用品の種類や選び方について説明します。

ベッドから消耗品まで、エステサロン開業に欠かせない備品リスト

2-01B_10142001560.jpg

エステサロンを開業する際に、最低限必要なものとしてベッドやスツール、ワゴンなどがあります。大型のものほど費用がかかり、スペースも必要です。また、意外と費用がかかってしまうのが小物類。施術で使うペーパーシーツや化粧品のほか、お客様へのおもてなしとして必要なスリッパや飲み物など、多くの小物が必要になります。大型のものから小物まで、どんなシーンで使用する備品なのかを考えながら、リストアップしてみましょう。

ベッド・スツール・大型備品

・ベッド
・スツール
・ワゴン
・エステ機器(メニューによって異なる)
・タオルウォーマー&クーラー(拭き取り用のタオルやスポンジを温めるためのもの、冷却用タオルの保冷用)
・衛生機器(備品の消毒用)

タオル・シーツ類、消耗品を含めた小物

・タオル類……バスタオル、フェイシャルタオル
・シーツ類……大判シーツ、ペーパーシーツ、フェイス用ミニシーツ
・替えの下着類……ペーパーショーツやブラジャー、ガウンなど(ボディ系の施術がある場合)
・その他……スリッパ、化粧コーナーの備品(化粧用具、コーム、服の汚れを避けるケープやクロスなどの防水カバーなど)

スタッフが使用するもの

・書類……カウンセリングシート、契約書類、筆記用具、領収書など
・掃除用備品……モップ、ぞうきん、ほうきなど
・エステティシャン用のマスク

お客様のおもてなしとして用意するもの

・店内環境用……BGM用オーディオ機器、花や観葉植物など
・その他……グラスやカップ類、茶葉など

施術メニューによって異なる必要な備品

その他、施術メニューによって必要な備品は異なります。一般的に使用される備品を紹介しましょう。

フェイシャルエステに必要な道具

・柔らかい刷毛(はけ)……洗顔料を泡立て、顔にのせるためのもの
・ガラスボウル……オイルなどを入れるためのもの
・鶴首スポイト……業務用の精製水やローションを使う際に使用するもの
・ラバーボウル、スパチュラ……パック材を混ぜ、塗布するためのもの
・拭き取り用スポンジ
・その他……拭き取りやパック、お客様の化粧コーナーでも使えるコットン、ハイガーゼ(イオン導入や石膏パックを導入する場合)

ボディ系の施術に必要な道具

ボディ系の施術の場合でも、全身の施術を行うのかパーツごとの施術を行うのかで必要な備品が異なります。

・ベッドシーツ……使い捨てのもの。保温や衛生面を考慮したアルミシートやパラフィンシートなど(発汗を促すメニューを行う場合)
・ラバーボウル……パック剤を混ぜるためのもの(背中パックやゴマージュを行う場合)
・大きめの刷毛(はけ)……広い面積を塗るためのもの
・拭き取り用大判コットン

大型のベッドやスツールはエステやマッサージ専用の卸業者から購入できます。小物類については、薬局や雑貨店でも購入できますが、エステ専用の卸業者を利用することで、一括購入ができたり、割安になったりすることがあります。実際に手に取って確認したい場合は、多くの卸業者が集まる美容業界の見本市などをのぞいてみるのもよいでしょう。

サロンの備品・消耗品・おもてなしアイテムの選び方

1802-7B_11044032670.jpg

開業時は何かと費用がかかり、つい値段で選んでしまうこともあるでしょう。限られた予算のなかで、必要な備品を揃えるのは大変ですが、長期的な目線で考えると、使いやすいものであることはもちろん、お客様に喜んでいただけるようなものを選ぶことが大切です。

特に、ベッドやスツールなど存在感があり買い替えの難しい大型備品や、お客様の肌に直接触れるタオルやシーツなどの消耗品について、それぞれの選び方や注意点をお伝えします。また、お客様をおもてなしする際に用意しておきたい必須アイテムとNGアイテムも確認しておきましょう。

ベッド・スツールの選び方

エステサロンに欠かせないベッドやスツールは、お客様にとって心地よいものであるとともに、エステティシャンが使いやすいものを選ぶ必要があります。特に、長時間の施術であっても、エステティシャンの負担とならないようにクッション性があるものや高さ調節のできるものを検討しておくのがおすすめです。

また、施術時の備品を用意するワゴンは、使用する道具に合わせ、引き出しの深さや横幅を確認しておきましょう。ベッド・スツール・大型備品について、より詳しい選び方のポイントはこちら→
エステサロン開業に必要なもの ~ベッド・スツール・大型備品の選び方~

タオルやシーツといった消耗品の選び方

備品のなかでもお客様が直接触れるものは、できるだけ質のよいものを揃えたいところ。肌触りのよいタオルやシーツは、それだけでお客様の満足度を高めてくれるものです。

お客様に喜んでいただけるよう、シャワールームで使うバスタオルは厚手で吸水性のよいもの、フェイシャルタオル、おしぼりなどは拭き取りやすい薄手の生地など、用途に合わせて探してみましょう。加えて、エステティシャンの使い勝手を考慮して選ぶこともポイントです。

タオル選びで目安となるのが「厚み」です。一般に、12枚当たりの重量で比較し、バスタオルなら800~1000匁(250~313g)程度、上掛けタオルは1000~2000匁(313~625g)程度がよいとされています。また、フェイシャルタオルは200~260匁(62.5~81.3g)程度、ベッドシーツは2000匁(625g)のものを目安に選ぶのがおすすめです。

ただし、タオルやシーツはあくまでも消耗品です。使用を重ねるとどうしても劣化してしまい、お客様に不快感を与えてしまいかねません。開業時には質のよいものを選んでも、継続できなければ意味がありません。耐久性を考慮し、定期的な買い替えが必要です。

お客様をおもてなしするための必須アイテムとNGアイテム

お客様に喜んでいただける備品として、取り入れたいのがメイクアップやヘアセットグッズ。施術後に利用できるアイテムを用意することで、商品購入につながる仕組みをつくるのも売り上げ向上のポイントになります。施術の延長として、お客様が特に気にされている部分をフォローするようなアイテムを紹介してみましょう。

また、エステサロンはあくまでも、お客様が美や癒しを求めて来店されるところです。待合室に置く雑誌ひとつにも気を配りましょう。雑誌の種類によっては、エステサロンにふさわしくないものもあります。お客様をおもてなしする際に意識したい必須アイテムとNGアイテムについて、詳しくはこちら→
備品は充実している?覚えておきたいエステサロンの必須アイテム、NGアイテム

安全性や効能もチェック!エステの満足度や購買意欲を高める化粧品の選び方

1802-7C_10161017987.jpg

エステサロンにおいて最も注意したいのが、使用する化粧品類でお客様が肌トラブルを起こしてしまうこと。化粧品を選ぶ際には、安全性に十分注意しましょう。

エステで使用する化粧品選びには、お客様にご満足いただくための効能効果やテクスチャー、香り、仕上がりなどの要素は欠かせません。ただ、エステサロンを利用するお客様のなかには、もともと肌への不安を抱える方も少なくありません。そういったお客様にも対応するために、無香料、無着色、アルコールフリー、パラベンフリーなど刺激を排除した化粧品を選んだり、アレルギーをはじめとした安全性確認テストの結果もチェックしたりしながら選択した化粧品も用意しておくとよいでしょう。

導入前に化粧品メーカーの勉強会に参加してみるのもおすすめです。実際の感覚や作り手のこだわりなどを理解することで、より安心してお客様に提供できるようになります。自身が納得したものを取り入れることで、お客様への提案にも説得力が増し、安心感が伝わります。

サロンの備品や化粧品選びは妥協せず発注効率もチェックしよう

サロン内に設置する備品や化粧品は、サロンの質を問われる重要なツールです。サロン用品は類似商品が多くのメーカーから販売されています。大型備品については、見本市などを利用して実際に確かめてみるとよいでしょう。お客様の肌に触れるものは、購入前にサンプルを取り寄せたり、直接品質や肌触りを確かめたりしながら選びたいですね。

また、発注先をまとめておけば、次回からの発注の手間やコストを抑えることもできます。限られた予算内のやりくりは大変ですが、使用する備品の使い勝手や質によって、今後のサロン経営に影響する可能性もありえます。一つひとつの備品に対して、品質も価格も納得のいくものをじっくり選び、理想のエステサロン開業を目指しましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ


 ❏あなたにおすすめの記事
・自宅でエステサロンを開業したい!覚えておきたい内装のポイント
・開業までの流れを確認しよう!エステサロン出店準備のスケジュール一覧
・エステティシャンを採用する前にチェックしておきたい4つのポイント!

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事