エステサロンにぴったり!お客様が心からリラックスできるインテリア小物の選び方

お客様にとって、エステサロンへの来店はプライベートな時間。リラックスできるひとときを過ごすことは、サロンを利用する目的のひとつでもあります。特別な時間を過ごせたと感じていただけるように、内装にも気を配りたいところ。エステサロンで過ごす時間をより良いものにするためにサロンに置くインテリア小物について考えてみましょう。

見える収納でインテリア性を高める

何かと備品が多いサロン内では、その置き方次第で印象が変わります。例えば、どんなサロンでも使われる備品のひとつ、バスタオル。ほかのお客様が使ったあとのバスタオルがそのまま置かれていたり、汚れたバスタオルの山が目に付いたりすると、お客様の気分が下がってしまうこともあるでしょう。隠すべきものは隠しておきたいとはいえ、すべてを収納するのは難しいところ。そこで意識したいのが「見える収納」の使い方です。

備品置き場を作るのもいいですが、オープンな収納ならスタッフも手に取りやすくなるはず。隠すのとは逆の発想で、インテリア性を高めるような備品の置き方を取り入れてみましょう。一日に何枚も使用するバスタオルは、専用のタオルラックやかごの中に並べるだけでなく、ロール状に丸めて重ねるといったひと手間をかけると印象もガラッと変わります。

スリッパはお客様が来店する直前に並べ、美しくそろえておきましょう。

化粧品やオイルなど施術に使われるものもお客様の気分を盛り上げるためのアイテムです。デザイン性が高い美しいボトルのものや高級ラインをメインに、透明のショーケースに見えるように並べてみましょう。

オープンな収納で美しく見せることで、お客様がよりリラックスして施術を受けられることにつながるのではないでしょうか。

キャンドルを飾る

キャンドルには、マイナスイオンを発生させたり、アロマを漂わせたりといった作用があるものがあります。キャンドルを飾れば、インテリア性が高まると同時に、リラックス空間づくりにプラスになるのではないでしょうか?

キャンドルを置くことによって、炎のゆらめきを見ていると癒される、オレンジ色の炎の暗さが落ち着くなど、リラックス効果を感じやすいといわれています。サロン内での照明に加え、キャンドルをプラスすることで、さらなる癒しを感じてもらえるのではないでしょうか。

サロンのイメージに合わせて、水に浮かぶフローティングキャンドルと一緒に花を浮かべてみたり、キャンドルスタンドの形にこだわったりと、インテリアとしての活用も幅広いのがうれしいところ。

またキャンドルカバーをかぶせることで、間接照明にもなり、もれる明かりから幻想的な雰囲気が楽しめます。

癒やしアイテム「クリスタルボウル」

クリスタルボウルというリラックスアイテムをご存知でしょうか?

クリスタルボウルは粉砕した水晶から作られた円筒状の楽器のこと。その音から湧き出す波動は心身を深いリラックス状態にさせ、ストレスを減少させる可能性もあるとか。見た目も美しく、水晶そのままの透明なもの、柔らかな乳白色のもの、アメジストやエメラルドを混ぜて作られたものなど神秘的な色合いが楽しめます。直径6センチ程度の小さなものから、数十センチのものまで、サイズによって音色もさまざまです。クリスタルボウルは置いているだけでもインパクトがあり、インテリアとしてもおすすめです。演奏する人にもヒーリング効果が得られるといわれており、待ち時間を利用してお客様に鳴らしてもらってもよいかもしれませんね。

小物で癒やし空間づくりをサポート

小物にこだわることで、エステサロン内の印象が大きく変わります。サロンの内装によって、お客様に与える影響は大きく異なるはず。お客様の満足度を高めるためにも、備品の収納の見直し、癒やしアイテムの設置などにこだわってみましょう。

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事