エステサロンにお客様が来ない… 新規顧客獲得はどうすれば良い?

エステサロンを着実に成長させるためには、まずは何よりお客様を増やしたいところ。既存のお客様にリピートしていただくのも大切ですが、新しいお客様が来店してこそ次のステップといえるでしょう。まずは、サロンの存在を広く知っていただき、興味を持つ人を増やさなければいけません。今回は、新しいお客様を取り込むコツについてお伝えします。

ターゲットになるお客様像を明確にしよう

サロンへの来店を促すには、まずはサロンがターゲットとするお客様像を考えてみましょう。実際にはどんなお客様でもお受けできるにしても、「誰でもOK」では戦略が立てにくく、効率の良い集客ができません。既存のお客様の年齢や収入、よく出る悩みなどを思い描きながら、お客様像をイメージします。さらに、エステサロンがどのような地域にあるのか、近くにはどのような学校や商店街、住宅地があるのかなどを分析し、ターゲットとなるお客様像を明確にしましょう。

ターゲットとなるお客様が決まったら、その方々の目に触れやすい宣伝の方法を考えましょう。地域紙に広告を出したり、ターゲットとするお客様が多く住んでいる住宅地が近ければ、ポスティングをしたりするのも有効です。自分自身でポスティングをすると、地域の様子をより正確に把握でき、戦略を立てるときの参考にもなります。

ホームページを見直そう

インターネットが発達した今、情報をアピールするにはホームページの見直しも必要です。ただ、見栄えのよいホームページが必ずしも集客力のあるとは限りません。集客につながるサイト作りのポイントをいくつかご紹介します。

  • スマートフォンに対応するサイトにすること。なお、機種や環境によって表示できない機能もあるので注意しましょう。
  • 目的のページにアクセスしやすいように、わかりやすいメニューボタンを設置しましょう。サロンのコンセプトやメニュー一覧など、重要事項が自然に目に入るようになっているでしょうか。問い合わせや予約までの流れがスムーズになっているといいですね。
  • サロン内の様子や施術をしている写真があると、お客様がイメージしやすくなり、来店への後押しになります。使用する写真は、明るく清潔感があり、行ってみたいと思わせるようなものを選びましょう。

イベントを開催しよう

新規のお客様を呼び込むために取り組んでみたいのが、イベントの開催です。ターゲットとする見込みのお客様を一度に集めることができ、サロンのスタッフにとっても、良い刺激となります。

どんなイベントにする?

イベントを企画する際には、ターゲットとするお客様の関心があるようなこと、役に立つようなことをテーマに考えます。「メイクアップのレッスン」や「お肌の状態の分析」といった美容法だけでなく、ママを対象にしているなら子育てに関するテーマでもよいでしょう。美容にこだわらず、お客様が喜ぶイベントを開催してみましょう。自宅サロンで収容人数が限られる場合は、イベントスペースを借りるか、少人数でのイベントを考えてみましょう。

告知の方法

イベント開催が決まったら、告知を開始します。既存のお客様のお友だちにも紹介してもらえるよう声かけしたり、 ご近所の方に見えるようポスターを貼ったりして広めましょう。ホームページやメルマガがあるなら、必ず紹介します。スタッフが多いサロンなら、案内が重複しないように担当のエリアを決めておくといいですね。

人が集まるサロンを目指して

サロンの生命線ともいえる集客は、なかなか大変なこと。その都度、ホームページを見直したり、イベントを開催したりして注目してもらえる機会を増やしましょう。初めて開催する場合には、ほかのサロンの様子をチェックしてみて。エステサロンの経営者同士のつながりがある人は、成功例や失敗例などを共有しあうとよいでしょう。経営者仲間がいない人は、日本エステティック経営者会や個人エステサロンオーナー交流会などに参加してみてはいかがでしょうか。

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事