エステティシャンになるなら気をつけたい身だしなみのポイント

お客様を美しくするのがエステティシャンの仕事。身だしなみを整えることは、プロとしてお客様に気持ちよく施術を受けてもらうために心がけたいことでもあります。エステティシャンの見た目は、お店の印象を左右する大きな要素であり、今後のリピートにも影響する大事なポイントともいえるでしょう。エステティシャンとして意識したい身だしなみポイントについて考えてみましょう。

お客様は細かいところまでチェックしている

美容意識の高い女性が集まるエステサロンは、スタッフに対するお客様の目も厳しくなります。ネイル、髪、肌、服装など細かいところまで見られています。濃すぎるメイクや香水、重すぎるつけまつ毛など、派手な見た目に不快感を抱いてしまうお客様も少なくありません。基本のチェックポイントをおさえて、清潔感を意識しましょう。

  • ネイル…… お客様の肌に直接手で触れるため、爪をきちんと切りそろえるのは基本中の基本。マニキュアOKのサロンであっても、プレーンなピンクやクリアカラー程度にするのがベターです。
  • 髪…… 施術中に髪がお客様の上に落ちたりしないよう、まとめ髪スタイルがよいでしょう。休憩時間ごとに、髪の乱れも整えましょう。
  • 匂い…… 香水はもちろんのこと、香りの強い柔軟剤など、必要以上の匂いが出ないように気をつけましょう。また、お客様との距離が近いフェイシャルケアでは口臭にも気を配ること。マスクをする、食事のあとは歯磨きをするなどを徹底して。
  • 肌、メイク……お客様が一番よくチェックをするのが、エステティシャンの肌。透明感を重視したメイクを意識し、さらに血色が良く見えるチークやリップのポイントメークで健康的な印象を作りましょう。

 

お客様に与える印象をイメージしよう

お客様は、エステティシャンの見た目の印象に影響を受けます。服装やメイクだけでなく、姿勢よく、きびきびと動く姿は好印象を与えます。身だしなみを整えるとともに、自分がお客様ならどのような態度で対応してもらいたいのかをイメージしてみましょう。。できるだけお客様の理想に近い印象を与えられるように意識したいところです。

自分がお客様になった気持ちで考えれば、どんな風に身だしなみを整えればいいのか、どのように振舞えばよいかなど、イメージしやすいのではないでしょうか。

自分自身のコンディションを管理しよう

出勤時には整っていた身だしなみも、疲れてくるとついつい身だしなみがくずれてくることも。エステティシャンは見た目の印象とは違い、体力を使う仕事です。体を動かすことで、制服や髪型が乱れることもあります。お客様にさわやかな姿を見せるためには、その都度自分の状態をチェックできる余裕が必要です。
余裕をもって対応するためには、体力維持を意識して、自分自身のコンディションを整えることが大切。睡眠をしっかり取る、ちょっとしたエクササイズをするといった習慣に加え、ストレス解消もしっかり行いましょう。

細かいところまで身だしなみに気を配ろう

エステティシャンの身だしなみが整っていれば、サロン内の雰囲気も良くなり、お客様の気持ちも高まるはず。特に女性のお客様は、すみずみまでチェックしていることを忘れずに。毎日の仕事に慣れ、つい気のゆるみが出てきてしまうこともあります。サロンで優雅な時間を過ごしたいと思うお客様の希望をかなえるため、きりっと引き締まった姿で接客したいですね。

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事