エステサロンの開業前にこれだけは押さえておきたい、成功させるためのポイント!

エステティシャンとして働くうちに「自分の信頼する製品だけを使って、こだわりのサービスでお客様に満足してもらいたい」と独立を考える方は多いのでは?また、「自分のお店を持ちたい」「自宅で開業したい」などの理由から、エステサロンの開業を考える方もいるでしょう。いずれにしても、開業するからにはサロンを成功させたいですよね。ここでは、エステサロンの経営者として成功するためのポイントをいくつか考えてみましょう。

経営者としての資質とは

優秀なエステティシャンが、必ずしもよいサロン経営者になるとは限りません。また、エステティシャンとして突出していなくとも、よい経営者になる可能性は大いにあります。さらに、本来経営者は必ずしもエステティシャンである必要はありません。サロンを経営していくためには、エステの技術とは別の才覚が求められるのです。では、自分が経営者に向いているかどうかは、どうやって判断すればよいのでしょうか?

ひとつのきっかけとして、サロン経営者の勉強会などに参加するのもよいでしょう。そこで機会があれば、いろいろなエステサロンの経営者に話を聞いてみるとよいですね。勉強会のなかには、エステサロンの開業・経営コースを設けているところもありますので、そうした講座を受講するのもよいでしょう。エステティシャンとしての技術向上だけでなく、経営力という視点から自分の手腕を推し量ってみてください。

現在、すでにエステティシャンとして働いているのであれば、職場のオーナーの仕事をチェックしてみましょう。オーナーがどのような仕事をしているのか経営者の視点で見ておくことも参考になります。

ベストな出店場所を選ぶ

エステサロンの成功の最重要ポイントは、やはり立地です。一度オープンしてしまうと店舗の移動は容易ではありません。その時の状況で、できる限り最良の立地条件の物件を選びましょう。

しかし、人通りの多い場所などの立地条件の良い物件は、コストがかかりやすいものです。開業もタイミングがあるかもしれませんが、資金がたまるまで待ったとしても、ベストな場所を選んだほうがよい場合があることを覚えておきましょう。

どこにも負けない独自性を持つ

近隣のエステサロンのなかで、お客様に一番支持されるサロンになるためには、やはり他店と差別化できる特長や個性が必要です。「これは、あのお店にしかない!」と思っていただける強みをつくりましょう。独自性を打ち出せるものはメニューの他にも、お店のコンセプト、取り扱っている商品、あるいは優秀なスタッフがいるといった様々なプランが考えられます。

また、これから話題になる可能性が高そうな新メニューをいち早く取り入れて差別化をはかる方法もあります。そのためには、流行を見抜く情報力や、新しいものを取り入れることができる余力が必要なことを覚えておきたいですね。

宣伝、集客プランを立てる

実際に、開業を決めたら次から次へと作業が増え、準備に追われることが多くなります。そうした忙しさのなかでついつい忘れがちになるのが、開業後の宣伝、集客プランです。
まずは、開店前に周囲の認知度を高めることが必要です。どのような人をターゲットにするのかを決めて、広告やホームページの内容を考えます。また、WEB広告の利用はどうするか、チラシの配布を行うかなど、細かいプランを考えてみましょう。マーケティングのコンサルタントに依頼したりするのもひとつの手です。

今すぐでなくてもそのうち開業を……と考えている人は、日ごろから他店の広告やホームページをチェックしたり、プランを考えたりして、開業前から下準備をしておくとよいですね。 

自分自身を磨くこともお忘れなく

エステサロンは、お客様に特別感や非日常感を味わっていただく場所です。そうした特別な空間をつくるためには、サロンの環境づくりはもちろん、エステサロンの経営者として、自分自身のケアもしっかりおこないましょう。経営者の魅力もまた、エステサロンを成功させるための要素といえます。心身ともに健康であり、お客様にあこがれてもらえるような人を目指して、自分磨きを怠らないようにしましょう。

⇒安心のサポート体制でエステサロン開業を目指す方はコチラ

❏あなたにおすすめの記事
・エステサロン開業に当たって「営業許可」「開業届」は必要?知っておきたい届け出の書き方
・エステサロン開業時のスタッフ募集のポイントは?

メナードのサロンオーナー【スクールとサロン開設支援も充実】

関連記事